FC2ブログ

杉本彩、没入せる乳頭と非日常な淫夢

sugi_aya01エロが日常の中で陥没してしまうと倦怠に変化してしまう、結婚すれば毎日のようにエッチが出来るんだ・・・と妄想するうちが花のような。一握りの人だろうが、やがてムチを持って異性(若しくは同性)を打ち据えるようになると?非日常な世界への誘いと言う仕儀になる。挿入さえすれば皆々歓喜の声を上げるに相違ないと思うのは・・・ある意味おいて幸せな事ではある。

★杉本彩の乳頭

「巨大乳房に悩んでいます」とか「過大陰核の悩み」とか云って、御婦人も大変そうなんだな?と思うが、男だって大小の悩みは尽きないが、価値観や趣味の多様性を否定する妄想ほど愚かな事はない。

大丈夫だって、世の中には巨乳フェチと同じくらい貧乳好きの男もいるのだ。

高岡早紀と同じ1988年のアイドルデビューだ、ちなみに同年代にwinkや西田ひかるがいる。その彼女の初のヌード写真集は1993年初版の「ENFIN/アンフェニ」だったと思う(違っていたら御免)。

その写真集を見て、仮性陥没乳頭なんだと思った、一部に乳頭が勃起しているカットもあったからだ。

aya01
aya02


★花と蛇

時は経て2004年の「花と蛇」にて主役を張ることになる。

一々解題するのも何だろうと思うが、「花」はピースで「蛇」はバイオレンスの象徴なんだろうと。Peace and Violenceで和訳すれば「日常と非日常」と云うことになろうか。戦争や暴力が憎むべき存在なのはその非日常性にある・・・と言うのが平和愛好家の主張である。

映画「花と蛇 -杉本彩版」は非日常派に与するバイオレンス映画である。SMに期待するとチョッピリガッカリするかも知れない。

生意気にも先に結論を言っておくと、この映画は「チットも非日常に与していないのだ」。その原因は、「右翼の巨魁と組織暴力団」vs「金持ちの奥さん」と言う設定にある。

aya04
aya03


★エロと政事(まつりごと)と偏在するターゲット

近頃のネットに偏在する、だが決して少数者ではない人々の間で関心を寄せられているキーワードに「在日朝鮮人と新興宗教(創価学会)」というのがある。極めて政事的に扱われていて、芸能のジャンルでも「あの芸能人は在日」とか「創価だ」とか云う排他性気質に富んだ使われ方が蔓延している。

常識的な言葉に置き換えれば「民族と宗教」と言う最高度に政事的な問題に高い関心が寄せられていると言う事だ。

そして、マスメディアの間ではマイナーな扱いを受けている政事問題だろうと思う、ましてや「民族と土俗宗教とエロ」と言うジャンルは無きものにされている。

アンチ・ファミリーを標榜しマスメディアからB級のレッテルを貼られてもなお表現を止めない人々の真の味方は偏在しているのではないのか。

★エロと政事における表現者としてのセンス

この映画の表現者である石井隆氏は当年63歳、ほぼ同世代の映画作家である崔洋一氏は当年60歳、井筒和幸氏は当年57歳だそうだ。

この中での年長者である石井隆氏の映像センスは見事だが、政事センスは古いように思う。政事に興味が薄い現代日本人の象徴なのかも。

石井隆氏を初め同世代が影響を受けただろう映画作家に「大島渚」とか「若松孝二」などがいる。

いずれも「民族と土俗宗教とエロ」をテーマに世上に毒を振りまいていたそうだ。つまり、「民族と宗教」と言うキーワードは古くて新しいもので、日本の伝統を引く重要なテーマだと思う。

冒頭と最後のシーンでの、カメラや照明、美術などの技術レベルの高さは流石に日本映画だと思わせる。絵画的なと云うより精緻なイラストを思わせるグラフィカルな映像で新鮮な印象をうける。

★杉本彩の乳頭が勃起する刹那

冒頭と最後のシーンに比して肝心のSMシーンに冴えが見られないのは、最初の設定の拙さにある。何故に今時「右翼の巨魁と組織暴力団」なのかと身悶えること小一時間。

「新興宗教と教祖」と「半島ゆかりの上流婦人」とでもすれば、SMシーンにおける「エロと政事」が際立ち、右も左も満足する??映画史に残る傑作になったに相違ない。余計なお世話だが。

些末なことだが、和物なのか洋物なのか不明なシーンが散見される点が惜しい。最後のシーンの巨大な白木の磔柱(美術さん頑張った)と白フンドシの杉本彩さんが印象的なだけに、トッチラカッた印象は免れ得ない。

件の仮性陥没乳頭が遠目にも分かるくらい勃起するシーンがある、敢えてどのシーンか指摘しないが、流石「エロスの伝道師」の杉本彩である。夫役の野村宏伸との性交シーでは本当に挿入しているかのような見事な腰使いである、アンタはエロイ、じゃなかったエライ。



>

コメントの投稿

非公開コメント

FC2の広告表示

いつのまにか記事の隙間に広告が
出現するようになりましたが、当ブログとは無関係です。
紛らわしいけど、FC2様の都合で挿入しているようです。
タダで借りているのでなので文句は言えませんネ(苦笑い)
先様に興味のある方はクリックしてあげてください。
18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる