FC2ブログ

末法思想。しっ失礼しましたぁー「悲観主義では経済は廻らない。」

キッズA「あんなカタチで海水浴の時に水が入らないのかな?。」キッズB「あんなモノがお股に付いていて自転車に乗るときに邪魔にならないのかしら?。」
才能がない事ほど「悲しいことはないよネー。涙目。。」何と云うのか「構造って、岩波様に云わせれば『全体を形作る諸要素の依存及び対立の関係のあり方』の総称」という事らしいですよー。ホゲー。
因みに、特定外人さんから「ナイーブ」っと云われて喜んじゃイケませんよ「馬鹿にされて」いるんですよー。対義語は「大胆」「果敢」「図太い」「方便」です。

★不謹慎を承知のうえで・・・

ザックリ云えば「平安時代の終末思想」さながらで、「天然痘など疫病の流行、京都を襲った群発地震、富士山の大噴火、干ばつに飢饉、そして戦乱、逃れられない現世の災厄、そして死後への不安」まさに『平安ならぬ不安時代』の再現かな?。煽るなー!!!。

spring01


spring02


その当時の下下の暮らしぶりは「竪穴式の住居。主食は雑穀。トイレは道端もしくは川、木の皮などで尻を拭いてました。」・・・以下自粛。

★貧乏の分配(ウン?)

米国のトランプ大統領の十八番だが「中国のような(自称)新興国、人口が多い国の安い労働力」に引き摺られて『先進国』の賃金が安いままに据え置かれる・・・コレを「貧乏の分配」と云うらしい。貧困とも云うが・・・。

挙げ句の果てに「反グローバリズム」に陥ってしまうずらーっ。あの中国のような「封建国家さながらの国」が「グローバリズム擁護」をするなんて「何て時代だー(小峠風に吼えましょう)。」

我が国のように「(自称)親中派・親韓派」が多い国では「反・反グローバリズム」になってしまうようですが・・・と云う事らしい。「トランプがー!!!」ってかー!。

何が言いたいかというと「純粋に経済の問題なんだけれど・・・政争の具」になってしまう事例が多いと云う事を云いたいのだ。

spring03
spring04


その中国もヤバイよヤバイよー!らしいですよー。

コチラを参照→■新型コロナで反体制の機運隆盛! 中国の民主化活動家らが習近平退陣要求の署名運動|日刊サイゾー

流石プロ!、巧みに煽りますねー(褒めてまーす)。右派の方々曰わく「癒やされるー。」関連記事も参照下さい。

コチラも参照→■中国、コロナ克服の嘘。世界の常識から外れた習近平を襲う2つの危機と倒産ラッシュ=勝又壽良 マネーボイス

ナールホドねー。(興味があればだが)韓国関連の記事もご覧くださいませ。

★反成長思想と云う病

「竹森俊平かーい!。」

と云う訳でコチラをご覧ください→■【講演録】反グローバル主義とポピュリズム政治|その他|三田評論ONLINE

2019年8月の記事ですねー。「デフォルト・オプション」の例えが面白いですネー。曰わく「任期の長い人はデフォルト・オプションになっていると思われます。」ナールホドねー。

コチラもご覧ください→■【日本の解き方】物価が示唆する増税の「悪影響」 「10兆円補正」と金融再緩和で“デフレ完全脱却”が視野に入る (1-2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

2019年11月の記事ですねー。新型コロナウイルスの最初の感染例が去年11月らしいが『世界保健機関(WHO)による「国際的に懸念される緊急事態宣言(PHEIC)」は2020年1月31日に出ている。』

上の論文は「新型コロナウイルス」の影響は勘定に入っていない。ソコが面白いところなのだ。果たして(士農工商)商人様は「デフォルト・オプション志向」から脱することができるでしょうか?、個人の意見ですが。

★中国とIMF

IMF様が「世界経済見通し」ッテーのをを公表した。新聞等でご覧になった方も多いだろうとは思うが、IMF様推奨の論評をご覧くださいませ。

コチラをご覧ください→■「大封鎖」 大恐慌以来最悪の景気後退

おどろおどろしいタイトルですネー。いわく「世界のほとんどの国で、感染症の大流行とそれにともなう拡大防止措置が今年の第2四半期(4~6月)にピークに達し、年後半にかけて徐々に収束すると想定した場合」に下記のように予測できまーす。

何が何して「生産性がさらに失われて景気回復が損なわれることを避けるため、世界で脱グローバリゼーションが進まないようにする協調的な努力が必要である。」という事に尽きるかな・・・と云う事らしい。

spring05


ってな事で注目の中国様の経済成長率は下記のようになりました。

コチラを参照→■第1四半期のGDP成長率は同6.8%低下 中国統計局が発表--人民網日本語版--人民日報

短い!!!素っ気ない!!!。にしても「不変価格に基づく計算」ってナンジャラホイ。下の論文を参照下さい。

コチラをご覧ください→■【PDF】中国の実質GDP の推計に関する一考察、日本と比較しながら

ザックリ云えば「中国では主としてシングルデフレーション法から求められている。シングルデフレーション法によって算出される実質付加価値は経済成長率の過大評価につながる可能性があることが示唆される。」

「人民日報の記事をペローンと丸写ししても駄目なんですねー(大苦笑)」

コチラもご覧ください→■中国、第1四半期のCPIは4.9%上昇 豚肉は122.5%増--人民網日本語版--人民日報

エッ「CPIは4.9%上昇。インフレじゃん。豚肉は兎も角も、うらやまし。」因みに、日本のソレは1%以下ですねー(例えば0.3%)ズーとそうです(いわゆるデフレ気味)。日本とは算出方法が違うんですかねー(微笑かな?)。

相変わらず「農産品」がネックになってるようで・・・と云う事らしい。

ってな事で中国様は如何なる手を打とうとしているのかなー。下記を参照。

コチラを参照→■広く注目される新インフラ整備とは?--人民網日本語版--人民日報

チョットばかり分かりづらいがザックリ云うと「構造調整を大胆に行い、以て経済の下振れリスクの相殺」したーい・・・と云う事らしい。

より詳細をお知りになりたい方は下記を参照。

コチラも参照→■注目集める「新インフラ整備」とは一体何か?中国に必要な新インフラ整備とは?--人民網日本語版--人民日報

イマイチ情報開示が薄ーい・・・気もするが、個人の意見ですが。大胆に推量すると「エリートによる地方統治をスムーズに行うため」という事だろうか?。

ジジババ(ウン?)は兎も角も「(地方の)キッズ達の新インフラ教育に力を注ぎたーい」という事かな。

spring06
spring07


問題は「億単位!!!とも言われる潜在失業者(中国で云う摩擦的失業)の問題だろう。」コレが解決されないと「全人代」も開催されないというアナリストもいるようだ。

コチラをご覧ください→■中国が騒然、「中国経済、急失速」レポートの中身 東アジア「深層取材ノート」(第31回)(1-3) JBpress(Japan Business Press)

おどろおどろしいですねー。未だに中国全人代が開催されないのも当たり前だろうか(時事通信は5月開催か、って言ってるが・・・)。

今一度「中国、コロナ克服の嘘。世界の常識から外れた習近平を襲う2つの危機と倒産ラッシュ」と云う記事も読み返して下さい。

素人が云う事じゃないが「IMFのレポートは甘すぎるようだ。」我が国はとにもかくにも「構造調整(今度こそ)」を急ぐべきだろうかな。

spring08
spring09




「青森県弘前城公園」だそうですよ。例年4月下旬頃に満開なんだそうです。その時期に行われる「弘前さくらまつり」は開催中止だそうです。映像を見て癒やされて下さいませ。

★PCR検査

『Politics China Reaction』の略です。

特殊な種属遺伝子の検査に用いられる手法の1つで、特定のDNA断片(数百から数千塩基対)だけを選択的に増やして調べやすくするために用いられる遺伝子増幅技術です。例えば、●●(自粛しました)に特徴的な遺伝子異常が存在するかどうかを調べる際に、採取したDNAが微量であっても、PCRによりDNA配列を増幅させることで判定が可能となります。

spring10


『Korea Reaction』の場合でも有効であるとしょうめいされてまーす。


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる