FC2ブログ

バフーン(buffoon)風が吹き荒れてます(ソースは北海道)

徳川家康以来「日本の中心は東京(関東)」なので(明治政府は『遷都』しただけー、ソースは自粛しまーす)そちら様が「ヤバイよヤバイよー!」になるとメディアの情報量が一気に増える(小尾徒十九に関してだが)。素人の戯れ言だが「不要不急のワイドショウは自粛し、その電波資源を教育(学校)に開放」すべきかな?。

★ケ・セラ・セラ(何にだってなれる)

北海道民にとってのインバウンド需要には二通りのコースがあるようだ。「内地と外地」のソレだ。外地は勿論の事に内地が「ああなってしまった以上、ゴールデンウイークはあきらめざるを得ない。」

札幌のビッグイベントも軒並み中止決定になったようだ。

コチラを参照→■札幌市主催・共催等イベントの開催状況/札幌市

他には「北海道神宮例祭の神輿渡御、縁日」も中止だそうだ。ウポポイ開業も5月29日に延期だそうだ。

カケヤ02




和訳は下記をご覧ください。

コチラを参照→■【歌詞和訳】Doris Day「ケ・セラ・セラ」実は2パターンの和訳がある!?

教養ってこの様に使うのねー。ガッテン・ガッテン・ガッテン・合点。。

ウィンストン・チャーチルの名言を思い出した「Never, never, never, never give up.」

★ケンカン(暗号化しました)ソースは枯れ気味???

しかし韓国様は勇気あるネー(褒めてまーす)。日本のもう一つの不幸は「韓国様の総選挙」だそうな(ソースはミン|ダーン!!!、苦虫か?)。読売新聞は真面目に報じている(国際面)が、民放様の「朝・昼興行(見世物)と云う番組」では無っシングーのようだ。

無関心をよそおってるのかな、それとも「ミン|ダン新聞(Web版もあるんですネー)」を見ローって云う事かな。知らんけど。

その先様総選挙の結果次第では「国権の最高機関であらせらるる我等が常会(ナンと六月十七日まであるんですよー)の真偽(ウン?)」にも影響するかも(ソースはリェンファン、苦虫!)

コチラをご覧ください→■借金で持ちこたえる…韓国の家計・企業、3月の貸出が過去最大 Joongang Ilbo 中央日報

ザックリ云って「先様の国民性」ってヤツでしょうか。「借投」って初めて聞いた文言だー!。イ・デギ研究委員曰わく「体力が劣る企業はむしろ事前的な構造調整をすべき。」支援にも「選択と集中」の原理を適用すべきだー(参考になりますネー)。

コチラもご覧ください→■国の破産も招きかねない韓国における家計債務の実態 ニッセイ基礎研究所

ウムッ!。当に「ミンゾク的な業(カルマ)」でしょうか?、しらんけど。紹介は省くが「このままでいけば『やがてはハイパーインフレ』だそうですよー。」そうなったら「(リアルに)借金はチャラだーって思ってたりしてー!!!。」

「塗炭之苦(書経より)」に該当する韓国語はないのかな?。知らんけど。

カケヤ01


ナンにせよ「集近閉・シューキンペイ(集まるな、近づくな、閉め切るな)」を専らにすることが肝要らしいですよー(ソースはネット)。

★日経平均株価より金利を注視しろー!!!(賢いネット民いわく)

先ずはコチラを参照→■利回り、金利、利子、利息。違いは分かる? コラム auじぶん銀行

面白いですネー。新聞(真正面なソレ)の経済面を見ると「東京マーケット要約(サマリー)」と云うのがある。株式市場・外為市場の他に「短期金融市場や円債市場」の金利が分かる仕掛けになっている。

短期金融市場の項目では『無担保コール翌日物金利』が分かる。円債市場では10年長期金利が分かる。

コチラをご覧ください→■無担保コールレート(オーバーナイト物)とは何ですか? 資金過不足とは何ですか? 日本銀行 Bank of Japan

ザックリ云うと『金融機関同士が一日で満期を迎える超短期の資金調達や資金供給を、借り手が貸し手に対して担保を預けずに行う取引』だー!。

2016年(平成28年)1月に「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」が導入されたんですねー。例えば「-0.0011%」という具合だ。エーッ「金利がマイナス!!!。」

りかいできるでせうか?。ザックリ云うと「貸し手の銀行はマイナス金利で『預かってくれる取引先』を探し、借りる側の銀行は(金利がマイナスなので)お金を借りるだけで収益になる」って云う事なんですねー。」

「オレラに何の関係があるんじゃー」というと「貯金しないで借金しろー」という事なんですねー(ってしたり顔で喋ってみる)。

コチラを参照→■自然利子率の低下を金融政策で追いかけると生じる「不都合な真実」:住宅投資の盛り上がりに期待してよいか 金利と経済 高まるリスクと残された処方箋 ダイヤモンド・オンライン

2017年の議論だ。この時点での結論は「しかし、自然利子率が傾向的に低下する経済では、需要を前倒しする金融緩和は、需要追加策である財政拡張の代役は務まらない。」

「何が何でもインフレ(期待)にして『(人民をして)貯金より借金(先行投資、将来の利益のために多額の金銭を投入する)』した方が得だー」と思わせることが重要だ、と思う。

その為には・・・以下自粛。苦笑いかな?。

ってな事でコチラを参照→■10分でわかるMMT(現代貨幣理論)-基礎や批判をわかりやすく解説- クリプトピックス わかりやすい経済学

面白いですネー。今日の時点でコレを書くのは「よっぽど賢いヒト」なんだろうと。

ザックリ云うと「中央銀行の構造・機構・仕組みを変えろー」という事だろうか(事前的な構造調整って事かな、浅い見方で御免なさい)。

最後にIMFの「クリスタリナ・ゲオルギエヴァ専務理事(ブルガリアのソフィア出身。1953年生まれ。)の声明をご覧ください。

コチラを参照→■危機に立ち向かう 世界経済のために優先すべきこと

おバカちゃんなマスコミは「世界恐慌もしくは大恐慌(1930年代)」だー!と煽っているが大切なのは下記の言葉だろうぅぅぅぅー!!!。

曰わく『各国の経済や暮らしがどう変わることになるのかはまだ未知数ですが、連帯、勇気、創造性、共感といった人類最大の力を駆使する必要がある。』



その世界恐慌真っ盛りの1930年代アメリカで流行した「夜も昼も」って云う唄ですねー。アメリカ人って・・・何だかんだ言っても「へこたれ」ないんですネーと云うトコロだろうか。

今一度「Never, never, never, never give up.」


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる