FC2ブログ

若尾文子さま、昭和30年代って括りで喋ってみた

昭和30年代と云うのは西暦で云うと、1955年~1964年頃の話ですネー。若尾文子様がデビューしたのは十●代の頃の1952年頃だ、「久我美子様の代役として、『死の街を脱れて』と云う映画」に抜擢されたからだ。芸能界入りは前年の1951年で「大映と云う映画会社の第5期ニューフェイス」としてらしいですよ。昭和30年代には「大映の看板女優」と云われていたのだ。

★予備知識としての昭和30年代考

私事だが、昭和30年代というと「オギャーって生まれて、小●学校の低〇学年」だったので、どんな時代かはアマリ覚えていない。何ソレェーッ。

ayako01
ayako02


コチラをご覧ください→■「昭和30年代の高度経済成長」 牛さん熊さんブログ

この位にザックリしていた方が理解しやすい、ウムッ!。激動の昭和20年代が終わり「もはや戦後ではない」っていわれた時代に入ったのですね。いわゆる「高度成長期」ってな事で、東京オリンピックが始まった昭和39年(1964年)頃まで続くんですねー(ご異論もおありでしょうが)。

コチラもご覧ください→■むかしの装い 昭和30年代・服飾

なるほどネー、勉強になりますネー。「ズロースから七色パンティとスキャンティへ」へってなところでしょうか。女性ファッションに関しては「多様性がでてきた(豊かになった)」と云う事かな。「七色パンティ」ってな表現が「時代だなー」かな、微笑む。

ayako03
ayako04


コチラをご覧ください→■昭和30年代森永レトロトリップ|森永製菓

食品メーカーさんから見た「昭和30年代の社会(習俗か?)」ってなところでしょうか。

★若尾様のプロフィールなぞ

先ずはコチラをご覧ください→■銀幕から生まれた昭和の映画女優3 高崎新聞

2016年6月の記事みたいだ。2015年に「若尾文子さんの大映時代の作品60本をまとめて上映する『若尾文子映画祭 青春』が企画された」んですネーと云うトコロだろうか。



ayako05
ayako06


コチラもご覧ください→■若尾文子の映画『刺青』の内容は?性格や子|供の噂まとめ!画像あり Pinky[ピンキ-]

生年月日を書いちゃっていいんですカネー(微笑)。にしても貴重な写真がありますネー。「性典女優」って意味が分かりません(苦笑い)。

ayako07
ayako08


コチラも参照→■若尾文子 - 日本映画データベース

「十●代の聖典」って「若尾文子と南田洋子(敬称略)」のコンビで、三作も制作されたんですねー。 ってなわけで、下記を参照。

コチラをご覧ください→■十●代の性典|シネマ、ジャズ、時々お仕事

なるほど「リアル」な話ですネー。勉強になりますネー「若尾文子様」って今の人が考える以上に「スゴイぃー」女優さんなのですねー。

ayako09
ayako10


若尾文子様の個別の作品(詳細)は下記を参照して下さい。

コチラを参照→■若尾文子 (ワカオアヤコ,Wakao Ayako)の映画作品 映画-Movie Walker

お薦めは「刺青(1966年公開)」だ。「新藤兼人(脚色)、宮川一夫(撮影)、そして増村保造が監督した傑作映画。映画美(映像美)としての完成度が高い、コレを見ずして「若尾文子」を語るなー、とご隠居さんが吼えてました(微笑)。

ayako11
ayako12


コチラをご覧ください→■大映女優祭|トップ

なるほどー、それで「小●学館の週刊誌」がタイアップ記事を打ったんですねー。それにしても貴重な映像(予告編)ですネーと云うトコロだろうか。札幌は予定に入っていないようで・・・。

今は無い「映画会社の大映」については適宜にググって下さいませ。

ayako13
ayako14


★追記

畏れ多い「水着の写真」ですが・・・だっ大丈夫ナンでしょうか?(何が!、苦笑い)。大女優も、若い頃は「会社に云われて、水着撮影大会」を挙行(ン?)したんですねー(アイドル顔負けかな!)。大映の女優さんだった市川和子様のスチル写真ってかなり珍しいみたい。

コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる