FC2ブログ

竹田かほり、70年代なピーチ・シリ(ウン?)

「桃尻」って、元は中国語らしい。桃の実が、すわりが悪いことから「尻をもじもじさせて落ち着かないこと」ってな意味らしい。俗語では「アノ若奥さんって桃尻らしいよ。」何と云うか「尻軽」ってな意味かな、知らんけど(苦笑い)。昭和後期の大衆小説等で流行った言葉で、外形的には「プリッとした、小尻」の小〇娘さん、を想起すれば宜しいようで・・・。

★プロフィールなぞ

その昔に某所で(笑)「竹田かおりさんは、甲斐さんとのラジオの競演で意気投合!直ちに結婚、引退されてしまいました((^_^;))。」オーマイガー!ってなところでしょうか、知らんけど。

kaori01
kaori02


チョットだけよーな、危ない写真で失礼します。黙視していただければ幸いです。

コチラをご覧ください→■竹田かおり(元女優・甲斐よしひろ夫人)と 森下愛子(女優・吉田拓郎夫人)... - Yahoo!知恵袋

今となっては「微笑ましい」エピソードかな。似ているか似ていないかは「それぞれの甘受性(ウン?)」でしょうから・・・。しょうもない個人的意見を言わせていただけば「チ-ガ-ウ-ダ-ロー!!。」苦笑。

拙ブログにも「森下愛子」さんの記事があるので、興味がある方は上の検索窓で御確認下さいませ。

kaori03
kaori04


コチラも参照→■竹田かほり(70年代のアイドル)   アイドルの歴史

まとめサイトですネーと云うトコロだろうか。。コレを見ると「アイドル歌手」としてデビューしたと云う事ですね。どんな歌かは適宜にググっていただければ幸いです。

kaori05
kaori06




オーマイガーっいぇなところ、デスカネー。「70年代している」ウルトラ貴重なソレですネーと云うトコロだろうか。

★桃尻って何か?

中国でも和語の影響を受けて「色っぽい小尻」が好ましい・・・ってな嗜好が浸透しつつあるようで、桃の実(果物の)に「下着風のネット(ウン?)」を付けて販売したらしい。尤も「消費者からは顰蹙」をかったらしいが・・・笑い。

コチラを参照→■竹田かほり (タケダカオリ)の映画作品 映画-Movie Walker

ロマンポルノの秀作が作られた70年代終わり頃の、1978年から79年にご出演ですねー。いわゆる「アイドル路線」という事で辛味(ウン?)は「甘かったが、かほりチャン可愛いー」ってなファンが出現したようだ。

kaori07
kaori08


コチラをご覧ください→■文体の人、橋本治 - qfwfqの水に流して Una pietra sopra

なるほどネー。「桃尻娘って『青春大河小説』だったんですねー。その特徴は『ウルトラスーパー・くそリアリズム小説』だったことだろう。」

その原作を違った角度から見た御意見は下記で。

コチラもご覧ください→■橋本治『桃尻娘』の高●校生女●子的文体って今読むと完全にオカマ言葉だよね - 砂手紙のなりゆきブログ

「日本で初めて女●子の性欲について書かれた小説」だったんですねー。それにしても「為になる(勉強になる)プチ論文」ですネーと云うトコロだろうか。

ってな事を云いつつ映画の方の評価というか感想は下記で。

kaori09
kaori10


コチラをご覧ください→■桃尻娘 ピンク・ヒップ・ガール - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ Filmarks

アイドル路線・・・と云うより「明るいライトポルノ」の製作が急速に進められて行った。なるほどネー。

にしても「竹田かほり」と「亜湖」と云う正反対なキャラを使いこなしている「流石は小原宏裕」監督ですねー。素人の感想だが、原作の「跳んでる女の湖(変え字、笑)のセックスライフを描いた青春コメディ!」ってな感じは十二分に出てるかな、あくまでも70年代後期でのお話だが。

kaori11


コチラもご覧ください→■桃尻娘 ピンクヒップガール ネタバレ注意 江保場公園-ウェブリブログ

ウムッ!、そうなんです(何が?)。胸派(巨乳好き)さんより「尻派」さんを重視した企画内容で、その意味では「竹田かほり」はベストだろうと・・・個人の感想です。

kaori12




kaori13


kaori14


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる