FC2ブログ

倉田まり子、昭和50年代を走り抜けたアイドル

女性アイドル雑誌の「BOMB(ボム)」の初代巻頭モデル(1980年4月号)が「倉田まり子」嬢だった。アイドル業(ウン?)を退いてから実業界にトラバーユ(懐かし表現?)、横文字系のコンサルタントになっていると云う。某大学の特命教授らしいですよ。因みに昭和50年代は西暦で云うと「1975年から1984年」の頃の話ですネー。

★アイドル歌手デビューの頃

シングル(メジャー・デビュー)を出したのが1979年頃で「グラジュエイション(キングレコード)」ってなタイトルだった。同曲で第10回日本歌謡大賞放送音楽新人賞を受賞している。

いわゆる芸能界へは「スカウト」されてワラジを脱いだらしい。若い人には何ソレだろうが「レッツゴーヤング(NHK、1974年~1985年、毎週日曜日の夕方放映)」で結成された局所ユニット(ウン?)の「サンデーズ」に所属したのが芸能デビューという事になる。

1978年頃ですねー。

mariko01
mariko02




コチラをご覧ください→■レッツゴーヤング なつかしの番組 音楽番組編 特集記事から探す NHKアーカイブス

アレまぁー。懐かしいですネー。にしても「にっくき石川ひとみ嬢(苦笑い、後述)」がメイン司会だったんですねー。

mariko03
mariko04


コチラもご覧ください→■レッツゴーヤング

なるほどネー。興味のある方はジックリとチェックして下さい(お前がやれー、笑)。にしても、数多排出されたアイドル(広義の意味での)を押しのけて「一流」となるのも楽じゃないようですよー!。

mariko05
mariko06


コチラを参照下さい→■70年代に活躍したアイドル・女優の歴史(デビュー時1965年から1979年)70名 - Middle Edge(ミドルエッジ)

1979年デビューなので最後の方に出てきます(7番目)。いわく「1974年、TBSの番組『家族そろって歌合戦』が長崎県島原市で収録された際、それに出場したことをスカウトマンに見初められて高校1年のとき上京。」

mariko07
mariko08


だそうですよー。

★プロフィールなど

先ずは今もネット上に残るファンクラブの記事をご覧ください。

コチラをご覧ください→■マリコスト・ルーム倉田まり子

何とも「懐かしげなサイトデザインですねー。」資料性に関しては「文句の付けよう」もないですね。ジックリとチェックして下さい。

mariko09
mariko10


「1960年11月20日生まれ、長崎県諫早市出身、身長 162cm、B 83cm、W 58cm、H 84cm(デビュー時)」ってなところだろうか。特に身長に注目。

前述の「石川ひとみ」嬢の件ですが、下記の記事を参照して下さい。

コチラをご覧ください→■石川ひとみと倉田まり子 区別がつかないって - Feeling 石川ひとみ

「石川ひとみファンサイト」ですネーと云うトコロだろうか。何方かが「一対比較」していますね、なるほどネーーってなところかな。

「もしも、貴方が道ですれ違ったら、背の高い方が『倉田まり子嬢』で、相対的に背が低い方が『石川ひとみ嬢』ですよー!。」当時の雑誌記事で「自称(ウン?)、中〇学生のような身長(約154㎝)」って云ってました!?。

sanko01


「今で云うところのキャラが被っていたと言うところだろうか?」ってな事でご了解してくださいますでしょうか。

1980年代の半に(アイドルの)一線を退かれたのは残念至極ではあるが、今も当時のファンを大事にされているようだ。

mariko11




1979年頃のテレビですネー。モノスゴーく貴重なソレですネーと云うトコロだろうか。「アグネス・ラムって水泳大会にでてたんだー!。」

mariko12


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる