FC2ブログ

松本伊代、スタンド・バイ・ミー世代かな

大々的に「磯路ー!」ウン?字が違ってるかな。ってなコトで、早見優があってなして「松本伊代」がナインやー、って声が聞こえたようか気がして作ってみました(忖度かー!)。そろそろほとぼりも冷めたようなので・・・頃合いかなと思いまして。以下よろしくー。

★サッちゃん

表題の童謡って「1959年10月10日に開催されたNHKラジオ『うたのおばさん』放送開始10周年記念リサイタル(主催:松田トシ)」にて新曲として発表されたんだそうだ。

「じぶんのこと サッちゃんとよぶんだよ」ってな歌詞だったような。早い話が「小さいから可愛い」というコトだろうか。

「旧姓 松本伊代」だから「伊代はまだ、16だからー♪」と云うのは、事実を発表してるのネー。偽証ではありません(キリッ)。十〇六才だから「ちゃん付け」にしなかった、と云う訳だろう。

matsumoto_iyo01.jpg
iyo02


オマエはツマランwww。お後がよろしいようで。

★スタンド・バイ・ミー

ほとぼりが冷めた事案なので言うが、なにやら「伊代と優がオン・ザ・レールしたー!」と世間が騒いでいたような。一部メディアによるチョメチョメ(自粛)浄化作戦発動かな、知らんけど。

iyo03
iyo04


「スタンド・バイ・ミー」と云うのは、1986年ころに公開されたアメリカ映画だ。ザックリ言って「I've been walking on the railroad」ってな映画だったような、(ウン?)。



気持ちは解るー、かな。二十代後半の多感な時期(よく言うよー!)に鑑賞した映画だったので上のサンプル映像を見ると「目頭が熱くなる。」(影の声)知らんがナー、勝手に熱くなれー。

オンザレールして何が悪いー!!!とまでは云わないが(ウムッ!)、人民の気持ちに「忖度する(おもねる?)」ばかりの一部マスコミって、オカシイ。「チョメチョメ(自粛)浄化作戦発動だー!」かな。

★センチメンタル・ジャーニー(Sentimental Jouney)

と言うと「ドリスディ」を思い出すかな(ご隠居かー!)、御免なさい知ったかぶりです。邦題は「感傷旅行」とか言うらしい。ザックリ言って「夜汽車に乗って故郷(国)に帰ろー」ってな歌らしい。

ご隠居さん世代なら「胸アツー」だろうか。

そんなこんなで松本伊代さんのセンチメンタル・ジャーニーも「諸々な故事来歴に触発されて」あのような歌詞になったんだろうかな。

iyo05
iyo06


コチラをご覧ください→■松本伊代-歌詞センチメンタル・ジャーニー-うたまっぷ歌詞無料検索

十〇代にはチト難しすぎる内容ですねー、微笑。感傷旅行しているのは「ジンセイの中で」というトコロでしょうか。当時は「何かにさらわれてー」と覚えてしまってた。「チョメチョメ(自粛)浄化作戦」かー(シツコイ)。

★オールナイトフジ

一定年齢以上の方々には大幅に「遠い目」になる懐かし番組だろうと思う。何せ今や「伊代ちゃん」も磯路ー!だからd(^-^)ネ!。

iyo07
iyo08


コチラをご覧ください→■オールナイトフジ 80年代同窓会 おかわりシスターズ おあずけシスターズ バイキング - テレビマニア

ウムッ!。黙読ですねー。



何と言うか「黙視」ですネー。

★薄化粧(1985年) 監督:五社英雄

映画出演作は全6本(今のところ)だそうだ。惜しいことに主演作はないようだ(残念)。そんな中で話題になったのが「薄化粧」だろうと思う。

iyo09
iyo10


1979年に公開された「復讐するは我にあり(監督:今村昌平)」と比較されがちな映画ではある。主役が同じだからネー、緒形拳さんでした。

コチラを参照→■薄化粧(1985)の映画レビュー(感想・評価)・あらすじ・キャスト Filmarks

ウームッ、辛口なコメントも散見されるような。

何と言うか「かえり船(昭和21年、田端義夫)」世代をターゲットにした映画なんだろうかな。松本伊代さんってその世代にも人気があったような(私見ですが)。



ロマンポルノのファンの方の為に、最後の方に「特別映像」をお付けしました。

iyo11


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる