FC2ブログ

岡尚美、大柄で昭和な美丈婦

「秋色紅葉美婦」ってなところだろうか(為永春水のパクリかー!)。何と言うか、ネットでの情報量の少なさに驚いてしまった、「どげんかしないといかん」かな。そういう訳で、その昔に成人映画の事を「〇性とか〇成」とか云ったそうだ、丸の中に漢字が入るのだ(笑い)。ってなことで、岡尚美(丘なおみ、丘奈保美、丘ナオミ)さんのご紹介。

★成人映画界の美丈婦

何しろ、70年代の東映から始まって、日活や新東宝そして独立プロ系までを渡り歩き、ひたすら(だけではないが)〇性の為に「一肌脱いで」くださったのだ。「成人映画界の功労賞」を差し上げたい女優さんのお一人だったろうと思う。

感謝感謝の二文字かな。

コチラを参照→丘なおみ

凄いですネー。月に一本超のペースで出演してますね。諸々の事情なんでしょうが、芸名を何度か変えてますね。

って訳で、プロフィールなぞ→Moon Cinema キャスティングデータベース(登録 女優&俳優)

業界向けのプロフィールみたいです。我々素人はひたすら黙読かな。

naomi01
naomi02


その昔の映画雑誌の評では「その熟れ過ぎなほどの肉体と濃いめのルックスで、団地妻仲間の主婦や娼〇婦の一人などには欠かせない存在。」と書かれていた。

ザックリ云うと、成人映画には欠かせない「名バイプレーヤー(主役もはったけど)」と言う事だろうかな。

naomi03
naomi04


識者によると「赤線玉の井 抜けられます(1974年9月21日公開、日活)」では、「1日に25人の客を取って新記録に挑戦する娼〇婦」役に挑戦、助演女優賞ものの演技だったそうだ。「赤線玉の井」って何?、笑い。

さらにいわく「彼女はこういう風俗世俗の真っ只中に生息する隠花植物としての役柄が抜群にハマっていた。」そうです。ナールホドねー。

★ヤバイ映画だったのかー!

ギャビン・ライアルと云う英国の小説家が曰く「悪人になるに二つの要素がある、一つは100万ドルが欲しいと思いこむこと。もう一つは既に100万ドルを持っていること。」だそうだ。

素人発想だが、近頃のエンタテイメント(小説・映画・ドラマなど)がツマラナイと感じる人が多いのは、「悪ないしは悪人」を描くのがヘタッピーだからだろうかな?。

新東宝の「高橋伴明、渡辺護」監督作品に数多く出演している。不勉強で、何と言うジャンルの作品群かわからないが、スプラッターとか決めつけたら怒られるかな。

コチラをご覧ください→ピンクサイドを歩け 2013年01月01日

ウム、詳細は省くが(苦笑)凄いですネー。「酒と女とヤ|ク」ばかりが悪じゃ無いと云うところでしょうか。

naomi05
naomi06




イイですねー。163㎝と157㎝の競艶(ウン?)でしょうか。「レ〇イプ25時 暴〇姦(1977公開)」と云う恐ろしげなタイトルのサンプル・ムービーです。汗汗!。いくら何でもー!と云う部分は割愛しています。DVD等をご購入の上で確認下さい。「長谷部安春監督が放つバイオ|レンスポルノ第三弾」だそうです。因みに、DMM.R18にありましたよ。再度の汗汗!。

naomi07

コメントの投稿

非公開コメント

当時はお金余裕有れば日活ロマンポルノへ。懐さみしい時は日活より5百円安いピンク映画館へ行ってました。丘ナオミさん覚えてます。学生だった私には性的対象と言うより脱ぎっぷりの良いオバサンと言う感じでした(*_*;。普通の役柄より尼僧や坊主刈りの囚人とか強烈な印象でしたね。
18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる