FC2ブログ

篠原五月の二、淫らな口吸い

satsuki06キネマ旬報風に云うと、「情念渦巻く男と女の愛と憎しみを巧みに描くヘンリー塚本監督作品。それに登場する大人の色香が漂う美熟女」が篠原五月さんである。早い話が「FAプロの看板女優(当時)」さんだった方だ。キネマ旬報的には男と女なんだろうが、十八禁作品的には「女と女」も含まれるかな。愛憎は性を超越している・・・なーんってなところだろうか(何のコッチャーかな?)。
★クーガー(cougar)

海外の動画サイトで操作系のレイアウトが日本語化されているサイトがある。「デブ専とか大尻」とか云うカテゴリーがあって思わず苦笑してしまう。元の英語と比較すると面白いかも。

小難しい話しで恐縮だが、カテゴリーの下位概念の一つに「スタイル」と云うのがある、日本語では「様式」と訳されている。

いわゆる「熟女」と云うカテゴリーは外人さんもお好きなようだが、その中に「クーガー(cougar)」と云う様式があるそうだ。日本語に訳すのは難しいが、強いて云えば「熟痴女」だろうか。その理由は「戦後日本には『階級(クラス)』と云うものが」無いと云う事があるらしい。

satsuki06
satsuki07


クーガーとは(直訳風に云うと)「妖艶熟女が若い男(若しくは女)を取っ替え引っ替えする」趣向を指しているそうだ。ただし、いくら階級社会と云えども小間使いとか下男とかは除外されるようだ。相手がオッサンとかオバサンでは異なったスタイルになってしまうらしい。

こだわりがあるんでしょうね、外人さんにも。動画をご紹介すれば良いんでしょうが、命が惜しいので割愛します(苦笑)。興味のある方は某所に行って「COUGAR PORN」で検索して下さい。PORNを省いても大丈夫な場合もあるようだ(苦笑い)。

★接吻もしくは口吸い

ヘンリー塚本さんと云えば「接吻」を描いた様式のポルノを思い出す方もおられると思う。特に「接吻」と云うカテゴリーが有る訳では無いようだが、特別編集の全集物は別だが、「近親相姦(ヤバイかな)、夫婦交換、熟女、レズ」ってなカテゴリーの一様式として作られているようだ。

「下宿を営んでいる未亡人の夏海エリカさんは少々欲求不満気味。若い男の身体を求めて、住人の兄ちゃんに家賃の代わりに性交渉を呼びかけ、獣のように激しくセックスしまくります。」

なーんてなテーマの作品があるが、その中でも接吻が出てくる。えげつないスタイルで。でも上の例は決して「クーガー(cougar)」ではない、下宿屋と云ってる時点で「階級(クラス)」とは無縁だろう。階級は階級でも「無産階級」かな(爆笑)。

satsuki08
satsuki09


名匠ヘンリー塚本さんを以てしても、日本でクーガー(cougar)様式を確立するのは難しいようだ。



個人的な印象だが、昭和をテーマにした作品にソレっぽい映像があるようだが、どうでしょう?。

satsuki10


★屁のような理屈、興味ある方だけお読み下さい

コチラを参照して下さい→SMAP解散報道に感じる、ビジネスと投資で大切にしたいあり方

「ハリウッドでも興収が黒字になる映画は全体の15%程度といわれているそうだ。芸能プロは俳優(スタッフも)と単品毎の契約を結ぶんだそうだ。映画が当たればそのリターンは大きい。外れたら大損で下手すると倒産だー、らしい。」

芸能界でさえ「誰もリスクをとらない親分子分馴れ合い雇用と云う日本型業界主義」が蔓延っているようじゃ、テレビも含めた興行世界が衰退するのも当然だろう。残念ながら。「投資と投機」で成り立っている資本主義を否定する社会に「様式美」を求めるのは論外だったようだ。

因みに、お世話になっているアダルトFC動画で人気のあるカテゴリーは「中だし」らしいですよ。英語で言う「クリームパイ」のほうです、カムショットではなく。週刊誌さんあたりが「中だし願望」で特集すると売れるかも、知らんけど。

以上、ご隠居さんのリクエストにお応えして屁を放いてみました。お粗末様。

コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる