FC2ブログ

小田茜、三十路半ばの朱夏が往く

akane01今は三十路半ばを一寸だけ超えたあたりかな、エーッ!。十三歳で女優デビューした小田茜さんだが、その十〇代の頃で最も印象に残るドラマが「いちご白書」だっと思う。必要以上に大きい眼と意志の強そうな四角いアゴと自己主張する広いおでこ、何より逞しいフトモモが印象的だった(ソッチカイー)。紆余曲折で色々あったようだが、今もオスカーに在籍されているようだ(重畳じゃーっ!)。
★いちご白書から足かけ二十二年、苦節はウン年かな?

見ていたコチラが三十代だった所為で上のようなソンな見方をしていたんだろうが、兎にも角にも一言で言えばキュートだった。

その「いちご白書」で共演していたのが、ドラマ初デビューの辺見えみりとブレイク前の安室奈美恵だった。二人とも「誰それ」ってな存在だった。後知恵だが安室奈美恵はスーパーモンキーズ時代だったそうだ。

年齢はそれぞれ一つ違いで、辺見えみり>安室奈美恵>小田茜の順だったそうだ。光陰矢の如しじゃないが今はお三方とも三十路だ。

その苦節の部分だが、素人がとやかく云うより下記を参照下さい。

コチラを参照→小田茜の現在 ~あの人は今~ 情報局

正に「黙読」下さいと云う事で、現在の麗姿を拝めただけでも幸せかな。

akane01
akane02


★アイドル歌手だった

1995年の「PURE」や2001年の「Resolution」などの写真集でのイメージの影響か大柄で下半身が逞しい(イヤらしい意味じゃないよ、マァ~イヤらしいのかな!)なーと思っていたが、プロフィールを見ると身長は164㎝でスリーサイズも控えめである。

1992年に「あなたがいるからここにいる」と言うシングルを出している、それどころか続けて「茜白書」なるミニアルバムも出している。都合3枚のCDをリリースしているらしい。
らしいというのは、申し訳ないことに聞いたことがないからだ。ヒットしなかったかな?!。

→よくぞ録っていたものだと感心する、GJ。ひたすらキュート正にピュア。


写真集の日本人離れしたダイナミックさと上の動画のピュアなイメージとのギャップが、昔からのファンの感じる小田茜の魅力でもあるのだが、昼ドラの「ピュア・ラブⅠ」(2002年、毎日放送・TBS系列)からのファンはどんなイメージを持っているのだろうか。

★純愛路線の女王だったかな

かってのお昼のTVドラマ「安宅家の人々」(2008年、月~金、後1:30~後2:00、フジ/東海)に準主役で出演している。因みに主演は遠藤久美子さん。

時間帯が時間帯なので男性諸氏は録画でもして見るしかないが、見た感じを大雑把に言えば正真正銘の純愛ドラマだ。

小田茜扮するバリバリのキャリア・ウーマンだった雅子という意味深な(考えすぎ?)名前の女性が結婚したのだが、パットしない口先だけの夫に振り回されつつも尽くしていくと言う役どころだ。

2002年の昼ドラの「ピュア・ラブ 」(小田茜主演)の印象が強い所為か今ひとつインパクトに欠けるなという感じだろうか。TV局が違うし主役が違うし演出も違うと言うこともあるだろう。と云うのが当事の感想だった。

ピュア・ラブ はもどかしいくらいのコテコテの純愛ドラマだが、写真集での小田茜の魅力的な肉体の良さが随所に出てくる。立ち居振る舞いの中で垣間見える小田茜の「おみ足や腰」の豊満さがドラマの進行にある種の色彩感を与えている。

因みにピュア・ラブ はパート3まで作られた昼ドラの大ヒット作。心身共に魅力的な小田茜扮する娘さんに一指も触れようとしない観念主義者の若い僧侶は「どんだけ~(古!」という話のドラマ。昼ドラにしとくのは勿体ないくらいの傑作だと思う。

女性目線では色々アルンだろうが、見方が少し違って、男から見ると上質な純愛コメディーだという感想だ。

akane03
akane04




今から17年前(足かけです)の平成10年(1998)の何?です。もう、そんなに前ですか(定番の遠い目)。

akane05

コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる