FC2ブログ

城源寺くるみ、懐かしのロマンポルノ女優

kurumi01歴史上の出来事になってしまった「にっかつロマンポルノ」の最晩年に活躍したのが城源寺くるみさんだ。1988年に幕を閉じたロマンポルノに殉じるように、1989年頃を最後に作品履歴が途絶えている。涙!!!(と云うほどでもないかな?)。某所に、新東宝の「朝までいんらん 城源寺くるみ」ってな動画を売っていた。朝までい・ん・ら・ん!男を求めてやって来たいんらん宇宙人、くるみ登場。だそうだ!。

★にっかつ新人女優コンテスト

城源寺くるみは1984年の同コンテストで入賞して女優の道に入ったという。因みにその時のグランプリは赤坂麗さんで、共に終末期のロマンポルノを支えた女優さんだ。

超貴重なにっかつ新人女優コンテストの様子はコチラ→1986年にっかつ新人女優コンテスト

その後直ぐに「バージンなんか怖くない」という作品に出演している。なんせ超早撮りのロマンポルノなので直ぐに女優になれるというメリットがあった。

kurumi01
kurumi02


★マドンナメイト写真集

女優になる前は何とカメラマンのアシスタントをしていたという。その時の師匠はマドンナメイト写真集でお馴染みの堀善郎大先生だったという。

その関係だろうか文庫サイズの写真集の雄であるマドンナメイト写真集(二見書房)の第一号のモデルに選ばれている。1985年の頃である。

そのマドンナメイト写真集での艶姿はコチラ。

初の写真集は「KURUMI」(堀善郎/東京三世社)というもので、1984年に出版されている。また1985年には「浪漫ちっくDOLL」(丸山裕/大洋図書)というのも出している。

★珍しい芸名の由来(信頼度は中)

当時の雑誌のインタビューで芸名の由来を聞かれ、住んでいた田舎にある「城源寺」という寺の名前からとったと答えている。

kurumi03
kurumi04


ネットで検索してみたら確かに同名の寺がある。東京出身なのに田舎に住んでいたのかと言う野暮な疑問は無効である。敬虔な仏教徒だったに違いない。

「くるみ」という名前も珍しいが、事務所的にデビュー当時はアイドル路線狙いだったらしく、クリーミィーをもじって名付けたらしい。確かにフックラして何処ぞのパーラーの看板娘という雰囲気があった。


★遅れてきたロマンポルノの娘さん

ロマンポルノというと「志麻いづみ」あたりを思い出す。上品でいて且つ大胆で、表情や声?にソソルものがあった。

白川和子とか片桐夕子あたりを思い出す方は大ベテランである。三条まゆみとか小川節子とか言い出す方はマニアだ。団鬼六とかになったら小生では手に負えなくなる。

出張の折に良く「日劇ミュージックホールに通ったモンだ」なんて語り出したら、早々に酔いつぶれていただいた方が良いかも!!!。

城源寺くるみは如何にもキュートな感じでアイドル性が高かった。1984年頃はスリムな感じでお嬢様っぽかったが、85年にはいるとムチムチでグラマラスなカラダで非常に好ましかった。

kurumi05


造形的に潔癖性気味な今時のアイドルより、より大衆的なカラダつきで親しみが持てる方が小父さんは好きである。全ては遅いけどなーっ。



kurumi06

コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる