FC2ブログ

相沢なほこチョッピリ浦西真理子、威風堂々のお尻のフェチ

nahoko011988年頃に「和賀尚子」で芸能界デビューしたそうで、スコラ等の雑誌のグラビアやビデオなどで活躍していて、その頃からのコアなファンも多いみたいだ。ファンの方には失礼は言い方だが、相沢なほこさんの魅力は「その威風堂々としたお尻」にある。てなわけで「謹んで新春のお慶びを申し上げます、本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。」

★尻フェチかオッパイ・フェチかだけが問題なのか?

と、大上段に振りかぶってみたりして「世の中には尻とオッパイしかないのか」と御婦人や真面目な紳士(ココには来ないか?)から叱られそうだが、男共の世迷い言の一つと思って聞き流していただきたい。

水着もしくは下着においての最低限の装備品は胸と尻を覆う僅かな布きれで、後は各自の想像力で補って頂戴というわけで、それがワイセツとエンターテイメントを分ける観念と言う事になるし、布きれが世間の建前と本音の境界線を決定している。

エンターテイメントの世界における全裸に如何なる意味があるのかと云うと、エンターテイナーとしての表現の幅を拡げる手段であり、建前と本音の境界線を動かす攻防(世間との)に意味がある。大袈裟に言えば「歴史を創っている」と云う意識そのものが快感だというわけだ。

エンターテイメントを享受する側は、世間との攻防戦に参加している若しくは共謀しているという意識そのものが快感になる。そう言う意味では「より多くの大衆を味方に付けた者だけが、歴史を創っていける」のだろうと思う。

「全裸で何が悪い」と云うのは確かにその通りではあるが、志が低ければタダの大馬鹿者であり、チャレンジする場所が違っているようだ。

nahoko01
nahoko02


★仕事運はルックス次第か?

「人は見た目が9割」とか云う本が話題になったくらいだから、ルックス(容貌)は異性にもてる以外に仕事運も左右する要素なのかも知れない。芸能人なかんずく「グラビア・アイドル」などはその典型だろう。

具体的に如何なる容貌容姿が最善なのかはさておいて、そんなものは百人十色人生色々だから、ルックスが定まらないと云う弱点は看過出来ない要素だろう。

「前髪が決まらない」とか「キャラが定まらない」、「方向性が定まらない感じ」とかを総合してルックスが定まらないと表現しているようだ、一部で。

綺麗、可愛い、巨乳、美尻とか云っても・・・他者と決定的に差別する要素にはなり得ない、逆に色々な要素を集めすぎて印象が薄れる例もある。誰とは云わないが。

nahoko03


★食べちゃいたい

同作は1993年にリリースされたVシネマ(オリジナルビデオ)で、飯島直子、原久美子、相沢なほこ、浦西真理子の四人の女優を起用した「チョットだけエッチなラブストーリー」だ。

監督は、ソチラ方面?に強い「三宅雅之(みやけ まさゆき)」氏だ。飯島直子さんは舞台廻しに徹して、お脱ぎ遊ばすのは他の三人という構成だ。濡れ場ー!と云うヌレバは「相沢なほこ、浦西真理子」さんが担当しているようだ。

であるから、両嬢のファンにはオイシー作品と云う事になる。

二人とも、いわゆる巨乳のジャンルから外れている(失礼)のが面白い。比較すれば、相沢なほこの方が美乳で、浦西真理子の方が微乳でツンツンしたチクビが魅力だと、云えなくもない。



mariko01
mariko02




どちらがドッチかは敢えて想像に任せます。

mariko03


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる