FC2ブログ

大谷直子、夫婦のベッドと不倫のベッド

ohtani naoko大谷直子さんの方がホンの数ヶ月先輩であるが、テレビでお馴染みの「由美かおる・奈美悦子」さんなどと同じ1950年の生まれである。ちなみに吉永小百合さんより5歳若い。1960年代に映画やNHKのドラマなどでデビューしたので60年代の女優さんと言われても反論する術は無いが、本領を発揮したのは70年代に入ってからの映画などである。

★未熟な革命ごっこ、全共闘世代

1940年代生まれを称して全共闘世代と言うことがある、1943年生まれの加藤登紀子さんなどがそれにあたる。1932年生まれで日活の映画監督だった藤田敏八氏(物故)も全共闘世代の「革命ごっこ」を複雑な思いでご覧になっておられたと思う。

全共闘は1960年代後半から1970年代前半まで続いたが、当時の甘ったれ共の心情では60年代で終わったと思っているようだ。この「全共闘風の革命気分」は70年代の芸能の世界にも影響を与え、アイドル歌手の世界にもその残滓を見る方もいるようだ。

そんな時代のインテリ達の温い(ぬるい)気分を抜きにしてはロマンポルノの「ダブルベッド(1983年公開)」は成立しないだろうと思う。監督の藤田敏八氏は「韓国併合」時代を引きずっている方で、技術者として半島に赴任した父君の関係で「平壌」で生まれておられ、後に引き揚げという苦労もされているようだ。

全共闘時代はまた日本の高度経済成長期に合致するのだが、70年代の経済安定期(比較低成長期)を経て?経済的オコボレを頂戴する全共闘世代が中年のオジサン・オバサンになっていくのが1980年代と言う事になる。

naoko01
naoko02


★ダブルベット、前立腺もしくは裏Gスポット??

10代が「性の目覚め」の第一期だとすると30代は第二期目の「性行為の目覚め」と言うことになるだろうか。経済的・社会的地位も安定する替わりにストレスも増える時期に、体力がある内にと第二の春に捌け口を求める世代なのだ。それを俗に不倫と云うようだ。

映画「ダブルベッド」で興味深いのは、アナルに関係する映像シーンが何カ所か出てくることだ。全共闘心情派世代のオッサン(柄本明が好演)がインポテンツに陥って起たなくなっている状況で、大谷直子扮する人妻がオッサンのアナルに指を差し入れるのだ。

今風に言えば「前立腺」を刺激しているのだが。気持ち先行の腑抜けな全共闘心情派世代を皮肉っていて面白いし、当時の劇場公開映画にしては画期的なシーンでは無いかと思う。また大谷直子さんが其のシーンにピッタリの表情をするんだな?・・・。

映画後半の柄本明オッサンのアパートでのベッド・シーンでもアナルが出てくる。前戯で大谷直子扮する人妻のアナルに指を挿入するのだ、正に第二期目の「性行為の目覚め」と言う処で印象的な映像だと思う。

所帯やつれ一歩手前の人妻が不倫のベッドでは生き生きと性行為を貪っている、そんな美熟女・人妻の色香を余すことなく演じている大谷直子はただ者ではないとは思う。アフレコだろうが濡れ場での声の表現も非常にエロイ・・・。

石田えり・高橋ひとみ(御両所ともとも20代前半!!)等のキャスティングに惹かれて映画を見たが、二人の銭湯での入浴シーン??は豊乳VS貧乳(失礼)の対比が面白い、改めて見直すと大谷直子の色香もさることながら映画自体も結構面白いと思う。ガキの頃は分からなかったんだな?中年の心情なんぞ。

濡れ場では多少煮え切らないところ(映倫があるから当然か)もあるが、上を望むのなら??同じ日活の「神代辰巳監督」の映画にイクしかない罠。



コメントの投稿

非公開コメント

深謝!

おお!早速、要望に応えて頂いて感謝感激しております。

何を隠そう、この作品は私の「にっかつ」を観に行った想い出深いデビュー作です。(笑)
まだ純で「性に目覚めた」ばかり?の坊主頭の高校時代...
18禁の映画館へ、ちょび髭生やした悪友に連れられて
心も下半身も緊張しながら(笑)大人の「性行為の目覚め」を息を潜めて鑑賞しました。
館内に響く大谷直子の喘ぎ声の大きさにはホント圧倒されましたよ!
映画評論家のおすぎ氏によれば柄本明も絡みではマジ勃起してたらしいですから。
これ以来、斜め45度の気が強く、猫目の女性が私のタイプになったかもしれません。(苦笑)

そう言えば、アナル刺激シーンは幾度もありましたね。
前立腺マッサージとか流行ってた時代なんでしょうかね?

次回の記事も期待してます!
長々と失礼しました。

いつも拝見させてもらってます

このサイトを拝見してから、最近、昔の日活作品を次から次から、借りて見てます。(私はロマンポルノの後の世代なんですけど)
「ダブルベッド」はついこの前見ました。石田えりさんも出てましたね~。すごかったです。

映画のロマン・小箱で、三崎奈美さんと桂たまきさんの写真を見て、二人が出てるのを探してます。
三崎さんのは、「単身赴任・情事の秘密」というビデオを中古屋で見つけ購入しました。
桂さんのは、海女シリーズ第4弾(タイトル忘れました)で名前見つけて借りました。
色白巨乳に弱い私にはたまりません!

今後も楽しませて頂きます。

何かの

御両所ともに
何かの参考にでもなれば幸いです。
何かは・・・おまかせしますが。

ボクは30代後半男子です

はじめまして・・・「ダブルベッド」が劇場で公開されてた頃は チ〇ポの毛どころか やっと 小学校に入学した新一年生でしたねv-8

作品中に登場する 岸辺一徳演じた夫と大谷直子演じた不貞妻のひとり息子と同い年くらいです(・・・って 子供は あんまり印象ないかな?)

柄本明との濃厚セックスは 本当に気持ちよさそうで表情がイキイキしてましたv-290

 あっ・・・ちょっと待てよ・・・v-361
大谷直子さん 当時でも実生活で たしかお子さんがいらっしゃったと思うのですが・・・

う~ん 悪いお母さんですね~v-10
お子さんには見られたのかな・・・ でも大谷さん 男性との恋愛はあるみたいですので 男性との熱い肉体勝負(何のコトかわかりますよね)でも真剣勝負でいどんでそうですから そこが演技の秘訣もしくは美貌の秘訣になってるかもしれませんよv-219

Re: ボクは30代後半男子です

文章(表現)が上手いですね!参考になる

スケベなだけです。エロいお母さん・・・大スキ

管理人さん お返事コメントありがとうございます。

>文章(表現)が上手いですね!参考になるいえいえ、ただのスケベ根性なだけですって

ただ、実生活でお子さんのいる女優が SEXシーンを演じてると いつか お子さんに見られるのではっとハラハラするんです。(あっ、それなら五月みどりも そうですよね・・・)

 そして お子さんがいながら・・・・ああ~そんあぁ~ 大胆なぁ~SEXシーンをv-12
 そのギャップが そそられる性分でして・・・・最低と思われましたらごめんなさい。
 でも、そういうエロイお母さん・・・スキですね



Re: スケベなだけです。エロいお母さん・・・大スキ

何と言うか、エロの根っ子にあるのはタブー(禁忌)ですからね。
もっとも、ウンチだシッコだ、と云うのは理解の他ですが(修行不足?)。
村西とおる曰く、女優さんは「仕事とプライベートの見分けが出来なくなって、一人前。」
18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる