FC2ブログ

沢村杏子、テレビの時代劇にも出てました

てっきり「なめこ汁(アリスJapan、89年1月)」がデビュー作かと思ったら、裏備のAV女優よろ図鑑さんによると「ラブターゲット(クリスタル映像、88年11月)」がデビュー作と云う事になる。分類学上は80年代AVアイドルと云う事になる(アンタも好きね)。同期は「松本まりな、牧本千幸」などで、アダルト系アイドルの後期に出現した方と云う事になる。パケ写では、デビュー作はまんまアイドルビデオだ。

★裏備、本音と建て前

何故に裏備が存在するかと云えば「見たいからである」、早い話が需要と供給である。もう一つあるのは「禁止」されていると云う理由もある。一部欧米の例を引かなくとも、ナニが解禁されていれば裏備と云う観念(概念)すら存在しない。

裏備のAV女優よろ図鑑さんによると、「マイ・ジェネレーション(1988年12月、リバティ)」と「きゃきゃきゃのギャッ(1989年2月、クリスタル映像)」を元とするナニが存在するという。誰のと云うのは推察いただきたい。

デビュー間近の頃の艶技と云う事になる、大向こうの声「あれで!新人、ジェジェジェー。」建前上は未見と云う事なので、悪しからず。

(表ビデオでは解らなかったが)「裏備における凄絶でハードなカラミを見てからは、その大胆さや全身でイキまくる姿が非常に強く心に残りました。裏備で本気印のカラミを見せてくれる女優は他にもいますが、沢村杏子はその中でも五本の指に入るのではないでしょうか。」(裏備のAV女優よろ図鑑、引用)

最上級の褒め言葉である。つまりは、表では理解できなかった「サムシング」が裏備にはあった、と云う事なんだろうと思う。勿論の事に、全ての裏備がそうだと云っているわけではない、彼女のソレがアレだっと云う事だろう。希う、ご明察。

全国紙に小〇学館発行の週刊ポスト(11月22号)の広告が載っていた、トップ記事が「最深層スクープ、中国炎上」で、目玉記事が「体験告白大特集、死ぬほどSEX人生の絶頂を目指して、自分史上最高のSEX」というモノだった。

中国炎上と死ぬほどSEX人生が両立する世界というのも興味深いが、売らんが為と斜め読みするより、「表では理解できなかったサムシングが裏備にはある」と解するべきだろう。何せ天下の小〇学館だもの。皮肉抜きに。

kyoko01
kyoko02


★積乱雲

同作は、1989年1月に「せいふく舎」よりリリースされたビデオだ。例のマイ・ジェネレーションの次作と云う事になるだろうか。

一応は「スチュ〇ワーデス 快楽ビデオ」とか云うコンセプト?なので、SEX人生の絶頂を目指して積乱雲のように快楽も上昇気流なのだそうだ。無理矢理こじつければ「コスプレ」AVと云えなくもない。

何たって、喘ぎ声が良いよね!。一応は、1967年1月13日生まれとなっているので、デビュー時は21最と当時のAV女優としては遅咲きである。AVデビュー前はテレビ時代劇などの娘役で女優していたらしい、他にCFモデルをしていたと云うから、いわゆるTVタレントであったようだ。

その前は子〇役としてのキャリアも積んでいたようだ。事務所都合なのか、本人の決心かどうかは不明だが(不明かよ)、いずれにしろ芸名が解らないので追いかける事が出来ない。女優になりたくてAVに出ました、と云うのはあるがその逆は珍しいだろうと思う。

AV的萌えのなかで「喘ぎ声」の比率は大きい。声だけで十二分に抜けるという熱心なファンもいるようだ。それに壮絶なカラミが付いてくるとタマランと云う事になる。是非とも裏美?を拝見したいモノだ。ひたすら建前。

kyoko03
kyoko04




kyoko05


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる