FC2ブログ

横須賀昌美、脂の滴る美巨尻は女の履歴書

yoshimi yokosuka一定年齢以上の方なら・・・長身で微乳で美巨尻な色っぽい女優さん?と言う事で覚えておられると思う、ついでに(失礼)昔はアイドル歌手だったことも思い出すだろう。歌手デビューが1981年で「恋のマグニチュード」というEPで、松本伊代や薬師丸ひろ美等と同期である。それにも関わらず、ある事件がきっかけで180度に芸能活動を転換することになる。
★ニャンニャンと云ってもヌコの事では無いよ?!

イヤらしい話ではあるが・・・陽の当たるアイドル歌手と村西とおる監督作品のAV紛いの作品に出演した横須賀昌美(DVD化された時の芸名、廃盤)とのギャップを愛でないと?「横須賀よしみ」(現在の芸名)の良さは理解できない。

デビュー2年後の1983年に?今風に言うと?ニャンニャン写真が流出してしまったため、アイドル界から閉め出されてしまった(事務所の契約解除)。どんな写真だったか忘れたが、今時の犯罪カラミのソレから比較すれば可愛い代物だったようだ。

今も昔も品格を言いつのる者共の品格ほど当てにならないモノはない、「そう言うアンタ等は品行方正なのかい」。そう言う事だろうと思う。

yoshimi01
yoshimi02


★再チャレンジ

映画やVシネマの出演履歴をみると、1984年に日活(にっかつ)ロマンポルノの「夕ぐれ族」に出演している以降はブランクがあり、1991年に至って「汚れし者の伝説」というVシネマを初め7本あまりの作品に出ている。写真集は1988年に「Yosimi」(ワニ)というのは出している。

確信は無いが84年頃には事務所的な契約が残っていたかもしれない。実質の再デビューは1988年の写真集と思われ、女優として復活を遂げたのは1991年頃だろうと思う。

1990年には(1991年かもしれない)には特筆すべきエピソードがある。当時飛ぶ鳥を落とす勢いのダイヤモンド映像グループと作品上の関係を持っている。一つはパワースポーツから出した「コスモス [VHS]」というイメビと、AVレーベルから出した「殺しの白いドレスの女[VHS]」(村西とおる監督、後にDVD化)という作品だ。同社は1992年の初頭に事実上の倒産に追い込まれ、権利関係が散逸してしまった。ので再発は難しいかもしれない。


yoshimi03
yoshimi04


★横須賀よしみ

今は「横須賀よしみ」と云う芸名で女優として活躍されているようだ。ちなみに芸名は「横須賀昌美」→「横須賀蓉美(よしみ)」→「横須賀よしみ」と云う変遷履歴だ、事務所を移籍された時に変えたようだ。

80年代の時のプロフィールの生年月日は1962年8月25日生まれとなっていたが、現在は1965年1月8日になっているようだ。懸命にお仕事に励んでいる限り?本人(事務所)が公表している事が事実で・・・他人が気に病むことでは無い罠。気に病む事程の不都合でもあるのかしらね???。

ちなみにスリーサイズは身長 170cm、バスト 81cm、ウエスト 57cm、ヒップ 86cmだったが、今は86・62・90になっているようだ。数字の違いは大したことではなく、真のファンがそれぞれ思い描くイメージが大切である。

90年代以降のソレは「長身・微乳で美巨尻、腹回りは適度な肉付き」と云う美熟女ファンにはタマラない美肉を持った色っぽい女優と言うイメージだろうとは思う。



契約の関係かもしれないが意地でもモザイクはかけないぞと云う姿勢は潔い、横須賀昌美さんの艶技は流石だし声が何ともエロい。ちなみに尺八を強要する盲目の爺さんはアノ有名な清水大敬監督?懐かしい!!!。冒頭の歌はアイドル歌手時代を彷彿とさせてグーだ。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる