FC2ブログ

赤字国債発行法案を否決してみっかな!

法案名は「平成24年度における公債の発行の特例に関する法律(案)」と言う。目的は「平成24年度における国の財政収支の状況に鑑み、同年度における公債の発行の特例に関する措置を定めることにより、同年度の適切な財政運営に資することを目的とすることとする。」と云うことになっている。この特例法での公債発行は、平成25年6月30日まで行うことができる。早い話が、公債を切れ目無く市場に供給するための法律である。

★地方債の原資が赤字国債なのかな

地方政府が公債を発行するためにも、切れ目無く赤字国債を発行し続ける必要がある。ドウシテかというと「地方交付税交付金等」の金を雀の子よろしく口を開けて待っているからだ。国からのお金で地方債の償還(多くは金利)を行っている。

国も赤字なら地方も大赤字で、日本総ぐるみで赤字国家なのだ。

何でそうなるの!と言うと、税収に倍する予算を組んでいるからだ。ここにお越しの方なら1990年のことは覚えておいでだろうと思う。1990年の税収(一般会計税収)は約60兆円である。同年の歳出(一般会計歳出)は約69兆円である。

ここ数年は税収が約40兆円内外で歳出は90兆円超である。特に非道いのは2009年で、例のミゾユウの不景気下で103兆円の予算を組んだ、税収は37兆円であった。国債発行額はダントツの約54兆円である。

★政治家なら、自己責任で特例公債法案を否決しろ

国や地方の予算で、理解しがたいのは「原資」と言う考え方が皆無であることだ。国の一般歳出で「地方交付税交付金等」と言うのがある。地方交付税制度と言うのがあり「「国が地方に代わって徴収する地方税(固有財源)」と言う建前がある。

地方交付税の総額は、所得税・酒税の32%、法人税の34%、消費税の29.5%、たばこ税の25%と法律で決まっている。建前道理なら、国の税収(含む、その他の税収)を以て当てるのが筋であろう。

何故に「今年度予算の財源の約4割を占める赤字国債の発行に必要な特例公債法案の成立のめどが立っておらず、支払額が大きい交付税の先送りで財源の枯渇を先延ばしする。」のであろうか。上は城島光力財務相の馬鹿発言である。

「支払額が大きい(爆笑)」と言うオバかな理由で、為政者自ら法律の主旨をねじ曲げているのだ。それに対して何も云わないマスゴミも真にゴミである。

ここまで来れば国民は「耐え難きを耐え 忍び難きを忍び」であろう。クーデターや内乱を起こすより数等民主主義的である。政治家なら、自己責任で特例公債法案を否決しろ。

馬鹿な政府や馬鹿な国会の尻ぬぐいは国民にしか出来ない。地方の首長や議員は無辜のフリをして「特例公債法案を成立させろ」と口を尖らせてほざくが、日本をここまでダメにした責任に関しては同罪である。

★因みに

当初予算を超大幅に減額した補正予算を組まなくてはならない。2013年度予算は税収及びその他の税収と建設国債だけで組むことになる。特別会計への繰り入れもゼロに近くなり、社会保障予算や地方交付税も超減額になる。

早い話が、民間資金を大活用して国のお金を廻していくことになる。その為には徹底的に「規制緩和」をする事になる。総選挙をしたければ「総選挙特例公債発行法案」を作るしかない。

申し訳ないが裁判官や検察官、警察官、自衛隊、公務員さんの給料も減額だろう。議員さんはただ働きだろうか?。

長期金利がどうなるかは市場の判断である。早急に大増税法案を超党派で成立させるのみである。

コメントの投稿

非公開コメント

経済学はよくわかりません

管理人さん、こんにちは。いつも画像を頂いたり懐かしのAVの情報を楽しく読んでます。

所で、管理人さんの言われるように税収を上回る予算を赤字国債を発行する事でしのいできたのは分かりましたが、日本国債の長期金利がずっと下がってるのが分かりません。
教えてください。

Re: 経済学はよくわかりません

答えは簡単です
景気が悪いので日銀が小出しに金融を緩和する、中途半端にマネーがだぶつく。
だぶついたマネーの行き先は
景気が悪いので、金融機関も長期の投資先に国債を指定せざるをえない。
めぐり巡って長期金利が下げ続ける。
根本には「日本国債はゼロリスク」だという国民神話の存在があり、
金融機関も(民間長期投資等の)冒険ができない。
しかし、何らかの原因で国債の信用が剥げ落ちれば・・・一蓮托生だ。

回答ありがとうございます

最近ニュースで、日本の対外純資産が世界一と聞きましたが、コレを活用して公共事業をして(例えば自民党の言っている列島強靭化とか)景気をよくする事は無理なんでしょうか?

回答を頂いたのですが、バブル期の国債の金利が約8%で今、0.何%になる仕組が理解できません。
ギリシアなどデフォルト寸前の国の金利は上昇しますよね。
対外純資産世界一の国の国債は、充分信用できるものとは考えられませんか?

Re: 回答ありがとうございます

国の資産は民間の感覚で云えば、
抵当権が設定されていたり、引当金みたいなもので
恣意的に処分出来る代物ではありません。
米国債だって、国が売れば意図を曲解されて為替のバランスが崩れて円高に進のは明らか。
自民党の云ってるのは建設国債の事でしょう。


日本国債の高止まり(金利は低)は国債市場の物欲力学の所為です。
他に美味しそうなネタがないのでソチラに行くのです。

バブル期に一時的に国債金利が上昇したのは、土地・株などにマネーが群がったからです。
その揚げ句に金融システムが崩壊したのはご存じのとおりです。
いまは其の反動ですかね、財務省の一人勝ちですね。

日本国債の信任が保たれているのは、先輩やご先祖様が築き上げた信用お陰です。
日銀が云うように長期金利はメンタル面が影響すると言うことですか。
ソンナもの屁とも思わない欧米格付け会社の方が冷静に見ていると云うことです。
ご先祖様が施した分厚い一号メッキも剥がれようとしているのが、今の日本です。

たいへん勉強になりました

ありがとうございます
18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる