FC2ブログ

上陸侵攻対処は保安官の役目でアリマス(敬礼)

「嗚呼尖閣」とか何とか名前がつく映画とかドラマはまだ無いようだ、それらしい企画はあるようだが。ネトウヨさんの意気込みは結構だが元気だけでは国際社会では生きてゆけないだろう、香港活動家による再びの尖閣事件である。マスコミも「じょうりく上陸」と騒いでいるようだが、キスされたから妊娠したーと騒ぎまくる未通女さながらだろうと思う。安保童貞のマスコミにも困ったものだと思う。

★着上陸侵攻阻止

あれで上陸というのなら「サイパンや硫黄島」の兵隊さんも玉砕せずにすんだろうと思う。まさか香港の「保釣行動委員会」も水際で旗を振るためだけに長駆尖閣までやってきたわけではないだろう。

ビーチング(着岸)まで阻止しろと言う事なら、最終防御ラインを領海(12海里)線に設定しなければならない。着上陸侵攻対処戦術の基本は「三防御線構築(縦深防御)」をとる、間違っても水際だけに兵を集中させるような間抜けなことはしない。サッカーの戦術と同じだ。

海保と警察庁は、第一防御戦を「接続水域線(24海里)」におき、第二線を領海線、最終防御線を水際(基線)においたようだ。「上陸された」と云うのは最終防御線を突破され、内陸の小高いところに旗を立てられた(橋頭堡)事を云う。

中華の軍人さんも舌打ちして「失敗したか」と思ったろうと。所詮はセミプロとプロの実力の違いだろうと思う。余計な話だが、海保の操船技術は神業に近い。政府の指示・命令は「敵味方とも一兵も損することなく解決せよ」と云う矛盾したものだろうから、その意味では作戦成功だろう。

★ケツの始末と本格着上陸侵攻対処

石原の爺様は「裁判にかけろ」と云ってるようだが「はぁー」である。満天下に貧相な国内法の恥を晒しつつ(外圧利用が目的だろうが)、政治の不作為によるナイナイづくしな海保の手の内を中華に晒すだけである。船は没収で処分保留で日本所払いで良いだろうと思う、折角の民主党政権なのだからタップリと時間をかけてやればよいだろう。

中華も腹を括ったようだから、今回はセミプロだったが次回は訓練を受けたプロ集団がくるだろうと思う。問題は何時かだが、9月から10月に開かれる18回党大会の前後に行うことは考えにくい(油断は出来ないが)。

日本の権力移行?(総選挙)がもたつくようだと間隙をぬってもう一度小規模で攻めてくることも考えられる。早めに権力移行を行って新政権で「対中国と対ロシア、対韓国」への対処戦略を練ることが肝要だ。

裁判をやる暇があるのなら解散をしろ・・・と云いたい。9月8日の会期末解散なら10月中頃の総選挙である。余計な話だが、野田さんが生き延びる最善手が会期末解散である。浮き足立つ党内の陣笠共に選挙前に「国民に党内権力争いの醜態を晒すのかー」と一喝すれば、衆院選敗北の責任を取る形での「逆花道」がひらけるだろうと思う。

野田さん「頑張ってー」

北方領土や尖閣、竹島の重要性は日本とアジアを取り巻くシーレーンの中で考えないと其の重要性は分からない。アメリカのシアトルやカナダのバンクーバーは今も北米航路の要の港だ、そこから大圏航路を伝って根室沖から南下、津軽海峡を経て日本海を南下し韓国や中国、東・南シナ海を通じて東南アジアに至るのが「北米・東南アジア航路」だ。

そこの自由航行が制限されれば如何なる事になるかは想像できると思う。中国の覇権とはそういうことであり、韓国は日本海の自由航行を守る実力があるのか?と言う事だ。

kouro02


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる