FC2ブログ

朝吹ケイト、スク水からホンマモンに戻って

keito05スクー〇ル水着とか競泳水着、J〇Kパンチラでクイコミとかって言い出すから日本経済が衰退するのだ(笑い)。と云うわけで朝吹ケイト、1980年代初めから2000年代初めまでに活躍したのだ、現役女〇子大生がポルノ映画に御出演とか騒いだのかどうかは不明だが11PMなどの深夜番組にも出演していた。ポルノやAVがホンマモンかどうかは異議百出だろうが、少なくとも大衆文化としては健全かと。

★常態+変〇態=人生

デコボコ道や曲がりくねった道を一定の速度で走るのはとても難しい、ましてや坂道だらけの道では尚のことであろう。

「ノーマル(+コンディション)」は難い言葉で「常態」と訳される、ノーマルの対義語は「ア〇ブノーマル(+コンディション)」でコチラは「変〇態」と云うことになるだろう。ヘンタイかい!。

日本語の「変〇態」と云う言葉の解釈がおかしいのだと思う。

屁理屈を言うようで恐縮だが、人の営みを時間軸での変化で見ると「空間と物質と意志」で成り立っていて、空間の状態に併せて物質を細かくコントロールする事により見かけ上の定常常態を保つ事が出来る。

単位時間で見るとア〇ブノーマルとノーマルは表裏一体だと云うことになり、人の営みは役に立つとか損得とかの価値感のみで割り切れるものではない。

性的倒〇錯もしくは、性行動が常人とは異なっている状態を変〇態と云っている。別名で「ワイセツ」とも云うようだ。「空間と物質と意志」がノーマルではない状態で、主に「質」の面で異常であると言う主張なんだろうと思う。

人の営みを「誰かにとって」有用か得かだけで価値判断するのを功利主義という。いわゆる「最大多数の最大幸福」を求めると云う主張である。それが過ぎるとア〇ブノーマル・コンディションな状態を嫌うことになり、ノーマル・コンディションだけが正しいと錯覚するようになる。

センセーショナリズムと似非エロティシズムで事実を誇張し潤色するテレビマスコミが顔を向けているのは正に「コマーシャリズムと云う功利主義」なんだろうと思う。現代日本の御都合主義こそ変態そのものである。

keito05
keito06


と云うわけで多少なりとも「スク水」を弁護したりして。

keito07
keito08


★淫〇獣診察室 極太注射は効きすぎる

女は頭の天辺から脚の爪先までのカラダ全体から醸し出される陰気が一番大事である。陰影の美と云うヤツで、外見がNHKのジョシアナであったも隠微で爛れていて、退廃的で、背徳的で、享楽的でふしだらな一面を垣間見せるのが乙なのだ。

光と陰があって初めて人が立体的に見えるのだろうと思う。

表題のAVタイトルは1993年にエイトマン(旧ダイヤモンド映像)と云うレーベルからリリースされたもので、主演が朝吹ケイトで他に「石原めぐみ 奥山香」とか云う女優さんが共演している。タイトルから分かるように(笑い)「精神安定診〇療所?」と云ういかがわしい医者物じゃなかった大人しめの陵〇辱物である。

妹達ばかりか姉(朝吹ケイト)も悪〇徳医の毒〇牙にかかって3Pを強要され代わる代わる・・・というような話である。ちなみに3Pとはグループ・セックスの事であり、ア〇ブノーマル・コンディションの最たるもので、よい子は真似をしてはいけないのだ(笑い)。

お馴染みの「日比野達郎」が悪徳医に扮して、あまりワルに見えないが、粘りのあるカラミを展開する。

「ほら!奥にあたっているよ」とか耳元で囁いて、朝吹ケイトのポルチオなんぞをツンツンしているのだろうと思うが、モザイクが濃くて良く分からない(笑い)。もっともモザイクがなくても分からないが。よい子は真似をしてはいけませんよ。

朝吹ケイトの喘ぎ声が微妙に変化するのを鑑賞できれば幸いと云うのが作品の主旨だろうと思う。勿論のことに演技だろうが。

◇朝吹ケイトの記事はコチラも参照下さい:「朝吹ケイト、成人映画で鍛えた美・バディー

賢そうなルックスとは裏腹にセクシー・オーラ全開の雰囲気が好ましい朝吹ケイトでした。ちなみに2003年頃に結婚されて引退、残念!。



keito09
keito10


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる