FC2ブログ

東清美、胸よりも尻が十糎ほど大きく家鴨唇

kiyomi01今から25年も前にデビューしたAVアイドルが東清美である。東京都の宅地価格が急上昇して何と88年にかけて約300万円弱(坪単価)になった年でもある、今なら誰も信じて貰えない金額だ。そんな時代背景を反映してか大量のAVアイドルが出現した年で、早い話が「儲かりまっせ」と云うことでもあった。「七月六日はサラダ記念日」とか云うヌルーい短歌集(単価じゃないよ!)が流行った年でもある。

★脱常識セックス

何が悲しくて四半世紀前のAVの旧作とお嬢さん達の話を語るのかを疑問に思う事もままあるにはあるが、それを言っちゃお終いだーねーと思い初めて敢えて損得に背くのも面白いかとも思ったりして・・・。

東日本大震災以降において益々頑なに「特定個人事情」に拘泥しているのが我が日本のマスコミの赤坂?なところだろうと思う。相も変わらず「個人の尊徳は、損得でっせ」と云うコマーシャリズムの権化と化している。

「氏ねばいいのに」、・・・と云うわけには逝かないが。

ちょっと前に「スローセックス」なる言葉が流行ったようである。早い話が「女性は思わず大声でよがり泣き続けてしまうのですぅ」と云うのがミソのようだ。お薬を使用した方法だと混同されるようで、おおっぴらに語るとは参らないようでもあるが。

それに対抗する形で「男もよがり泣き続けたい(笑い)」と云う欲求がネットを中心に興っているようだ。一例として、パートナー(女性)をして「ペニバン(ストラッポン)とか、バイブ」を使用せしめんと欲す、と云うのが流行っているようだ?。

「何処に?」っていうと、男〇子のお尻の穴にである。その道の権威によると「射精に至ることなく快美がスロー〇リーに持続する」のだそうで、用法要領を誤またなかりせば男も「よがり泣く」事になるらしい、結果責任は負いかねるが。

思想傾向を表す言葉の本質を知りたければ対義語を探せばよい。今も根強い「フェミニズム」の対義語は「マスキュリズム(男根?拡張主義)」と言う事になろうか。上で述べたように「パートナーは対等」と言う事で、男も女のように「マルチオーガズム」を得る権利がある野田、結果責任は負いかねるが(笑い)。

kiyomi01
kiyomi02


★東清美の「性遊記」

1986年の7月に「ミス・クリスティーヌ(芳友舎)」からリリースされ、正式タイトル名は「FUKUMAN LADY 性遊記」となっている、福マン?副マン?。 何というジャンルか表現の他だが「絶倫男vs9人の牝奴〇隷」とか云う危ない思想(笑い)のビデオだった。

その絶倫男に「日比野達郎」が扮し、史上稀な連続九人ファック(ドギースタイル)と云うのが売りなので、日比野達郎主役のビデオかと勘違いしてしまう。日比野と一緒に美味しい目にあう「閻魔王子」に扮しているのが当ブログでお馴染みの「えーりじゅん」氏だ。

その「えーりじゅん」氏と絡んでいるのが我らが東清美嬢だ、件のカラミを観てベテランの方なら何をしているところか理解できるだろうと思う。当時に本当に「ア〇ナルセックス」をするわけもないが、東清美のそれらしい演技はなかなかなものである。

「立てば入るかな」という「えーりじゅん」氏のセリフが如何にもエロい。氏の事だから前段階で「指くらいは挿入」したんじゃないだろうか・・・と妄想してみる。アイデアの勝利と云うか、80年代AV全盛期の傑作だろうと思う。写真でも解るが、尻ばかりではなく、立派に立ち上がった良き乳首をもった東清美もグーだ。

この「性遊記」を何とかDVD化して欲しいものである。資力のある方で機械をお持ちの方はVHSを求めていただいて件の九人連続シーンを堪能いただきたい。

kiyomi03
kiyomi04




kiyomi05
kiyomi06


コメントの投稿

非公開コメント

「アズキヨ」ですね。大ファンです。

ちょうど、大学のころほんとお世話になりました。このなんともそそられる「スキ顔」にピクっときて。
このタラコ唇でサービスしてくれたらどんなにいいだろうと・・。

ちょっと大きめでつんと立った乳首も、いかにも感度よさそうでいいですよね。ただ、やりすぎちゃって、秘所はちょっと黒めかなあなんて、そこが逆にそそったりして。

近頃のスキ顔でいえば、井上和香ちゃんなんて、好みです。AVデビューしてくれたらどんなにイイだろう・・・。
18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる