FC2ブログ

紫葵(酒井ちなみ)、紫に煙る女に溺れたい

aoi01天然自然の対称性が破れてるのかは知らないが、温暖化と云う言葉がアホに聞こえる我が札幌の寒さである。「あんた、連チャンの真冬日だよ、マ・フ・ユ・ビ!。」と言う事とは無関係に今週は「紫葵」で攻めようと思う。何処ぞのお水系の源氏名みたいな名前だが、ちょっと昔のアダルト系女優さんの芸名なのだ。平成12年頃の業界デビューで、後の「酒井ちなみ」さんの初期の頃の芸名だと云うことだ。

★紫葵から酒井ちなみ

ウィキによると「1977年2月4日」と云うことになっているらしい(何が?)。算数的には二十代半ば前後に業界デビューしたと云うことになる。当時は主にインディーズ系のAVに御出演と言う事になっていたようだ。

その時の芸名が「紫葵」ということになる。見た目にも長身で巨乳だという印象で、逞しい(グラマラス)体付きにそそられてファンになったオジサンも多いだろうと思う。一見するとアスリート出身かな・・・とも思ったものだ。

酒井ちなみと紫葵を識別するポイントはヘアースタイルで、ショートにしていたのが「紫葵」と云うことになる。胴回り(古)の細さに反比例して尻が大きいと云うのも特長であった。

個人的意見だが、今少し野性味を付加すれば、メークでどうにでもなるだろうが、外人ウケするイメージで輸出に貢献したのかも・・・と思うがいかがだろうか。

aoi01


aoi02


★非日常的悶絶遊戯 第一章 ダンスレッスン・葵の場合

AVS(エーブイエス)と云うインディーズ系のレーベルのタイトルが「非日常的悶絶遊戯」でシリーズ化されて好事家にコレクションされた人気タイトルだという。紫葵のそれが記念すべき第一作で2002年2月リリースと言う事になっている。

当時流行しつつあった「着エロ」風味を取り込んだ映像で、青いレオタードと黄色いレオタード姿の紫葵が「視聴者のためにアンなコトもコンなコトもする」という趣向になっている。

何が「非日常的」なのかは判断が難しいが、着エロを基準にすると「乳首が見え、恥毛も見える」のだから非日常だろうかな・・・と思う。何しろ「現役を退いて少し筋肉が落ちたアスリート」のような肉感タップリの下肢が非常に好ましく、オジサン好みである。

着エロと云うのは、有り体に言えば「窃〇視趣味(せっし、スコポフィリー)」を満足していただくと言う事だろうが(個人の意見です)、このAVはその意味で良くできているだろうと思う。

AVにおける「着衣性交」は1980年代ビデオ時代からあったものだが、この作品のように最後まで徹底した作品は観た記憶がない。観ようによっちゃエロイと云うところだろうか、なかなか解っている監督さんである。ちなみに監督は「パンストフェチ物の名監督」の渡辺琢斗氏である。

aoi03




aoi04


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる