FC2ブログ

続海江田万里、バル菅星人の弱点めっけ

当ブログの予告通りついに海江田万里がプッツンしてしまったようだ、枝野あたりに説得されたのか「直ちにではない」と修正したようだが辞任カードを場に晒したのは間違いないようだ。それにしても、バル菅星人こと菅直人の弱点が露呈した事で辞任の時期が明確になったようだ。

★俺は云うだけ、やるのはオマイラだ

何と何と新手の勢力が出現したようで、左翼さんのアイデア資源は枯渇を知らないようだ。小さな記事だが北海道で「廃炉をめざす会」なるものが組織されたと報じられている。例によって法廷を通じて泊原発の廃止を実現しようとするモノらしい。

廃炉はよいが核ゴミの一時保管場所は原発内でOKで、永久に一時保管するのじゃ立地自治体は浮かばれまい。最終処分場の件では「トイレ論」を持ちだして全否定するのが反原発派の論理だ。

つまりは反原発派はお偉くて、放射能被爆の恐れのある廃炉を実行するのは低級なオマイラだと云うことなのだ。核ゴミの最終処分場を想定しない「廃炉要求」なぞ問題外だろうと思う。

まさに菅直人の発想も「俺は云うだけ、やるのはオマイラだ」と云うことで。原発問題で海江田万里どころか経産省のお役人がプッツンする事は必定である。

★ストレステスト?

全原発を対象とした(大笑?)ストレステストを実行しなさいと菅直人が思いついたようだ。巷では実際の原発に過負荷をかけて試験をするような事だと勘違いする方もおられるようだ。冗談も顔だけで、そんなオッカナイ事なぞ出来るはずもない。

ストレステストとはスパコン等を使ったシミュレーション・テストの事で、非常事態に原子力プラント(タービンも含めて)のシステム(人も含めて)が上手く稼働するかどうかプログラム上で検証すると云うことだ。

欧州で実際に行われているようで、準備期間は別として実行には数ヶ月を要するようだ(1年だという報道もある)。電力会社、国の公的機関、第三者機関(欧州連合の機関)で行い、テストの検証を客観性あるものとすると云う事らしい。金が掛かりそうな実験で、何より日本の場合は第三者機関を何処に求めるのかは不明だ(まさかIAEA~笑い)。

バル菅星人の意向では「従来の法律なら再開は経産省原子力安全・保安院のチェックだけで決められるが、原発事故後では国民の理解を得るのは難しい」と言う事なので、当然のことに新たな法律が必要だろう。国費も投入するし国会での審議も当然行われる。何より日本の原発に合わせたプログラム・ソフトの開発も必要だ。

直ぐのもんじゃねー、と云うのは子〇供でも分かるだろうと思う。

★バル菅星人の弱点

北海道の泊原発でも実際の施設を使った模擬試験を行っている、電源喪失を想定して外部電源の接続試験等も行っている。地域の住民を対象にした避難の訓練も定期的に行っているようだ。いまさら、コンピューターを使ったシミュレーション・ゲームに散財する事にどんな意義があるのか菅直人は丁寧な説明が必要だ。

今回のドタバタでバル菅星人の意図が何処にあるかが明白になった。自分の東京都第18区での選挙の当落を心配しているのだ。自民党もしくは公明党が強力な候補者を立てて潰しに来るのは目に見えている。例えばだが「東国原」氏とか「久本雅美」さんとかが出馬すればバル菅星人も粉砕されるのは必定だ。政党政治を足蹴にされて怒り心頭の野党ならやりかねないし、民主党執行部も見て見ぬふりをするだろう。

解散総選挙はブラフもしくは夢想であろう。多くの民主党地方組織は負け続けの菅直人が先頭に立っての選挙なぞ想定外だろうと思う。最善でも100人を越える議員の落選が見込まれるだろうし、岡田氏率いる党幹部が選挙準備に協力するとは思えない。

来る解散総選挙において18区にて「脱原発を訴えて選挙をしたいのは菅直人自身なのだ」。その為には自身の代で原発の再起動なぞ有ってはならないと云う思いだろう。海江田万里(経産省の官僚)が菅直人を揺さ振って、菅サイドの切り返しが「ストレステスト」というわけだ。

海江田万里と経産官僚の所為で菅直人が。原発再起動前の会期末に(8月末)総辞職するのがハッキリした。新内閣の元でもストレス・テスト騒動で当面は原発の再起動はないし、解散も無いだろうと踏んでの退陣だ。それくらい、選挙に弱いのが菅直人なので、落選・失業が余程に恐ろしいのだろう。

我欲に凝り固まった国会議員である菅直人を二度と国政の場に送り込んではなら無いと思う。失業させるべきだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

北電GJ

ピッカピッカの新品である北海道電力泊原発3号機(2009年12月)が、
斑目春樹(原子力安全委員会委員長)や寺坂信昭(通産官僚、保安院院長)
に嫌みを言われながらも営業運転を継続している。
例の1年ごとの原検をシカトしているのだ。
車検?切れを4ヶ月過ぎているそうだが残念料もタップリあるし
ストレスもものかは機械も頗る絶好調のようだ。
次回はこいつを取り上げようかな、今時実にグッジョブな話である(笑い)。
18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる