FC2ブログ

卑弥呼、平成初期に活躍したAVの名花

himiko01平成2年(1990年)デビューの美形のAV女優で、村西とおる氏のダイヤモンド映像専属女優であった。1971年9月3日生まれだというから当年とって39歳だろうか。ミス日本の東京地区チャンピオンと云うから間違いなく東京生まれなんだと思う。1992年のダイヤモンド映像の倒産に捲き込まれ引退(後に復帰)に追い込まれた。乳だ尻だ顔だと云うよりバランスの良いいわゆる見目麗しい女優だったように思う。

★夜目遠目笠の内

「旦那、90年代のAV女優で誰か一人忘れてやしませんか。」、「おうそうじゃ、卑弥呼と云う妙な名の娘がおったの。」ってな臭い会話文は兎も角も、今週はその卑弥呼嬢を取り上げる。

同期に「桜樹ルイ」と「星野ひかる」がいるが、星野ひかるが余りにも突出していたために「それほどでもなかった」のが卑弥呼嬢で、星野ひかる的美少〇女アイドル路線から外れていたのがその原因であった。

見出しの意味をポジティブに解釈すると、「夜見ても、遠目でも、雨の中でも美しく見える女性」という意味で見目麗しい女性の例えであろうと思う。笠は市女笠(イチメ)とか菅笠(スゲ)の類のもので日除けや雨除けに頭に被るものだ。笠を傘(和傘)と言い換えても良いだろうが風情が今一つのような気がする。

女児が美しく見えるのは、存在のカタマリ(塊)としての可愛らしさがそう思わせるので、
「遠目でも、雨の中でも美しく見える」と云うのはシルエット(難しく言うと形式)が美的興趣を刺激するからだ。

部分よりもシステム自体が美しいと言う事で、後述するが卑弥呼の良さは正にシルエットの綺麗さが際立っていたと言う事にある。

himiko01
himiko02


★倒産

1990年年初の株バブルの崩壊で始まった金詰まり現象はやがて中小を苛める不景気風となって襲ってきた。多角経営の失敗と放漫経営が祟ったと言う事もあったが、ダイヤモンド映像の倒産は時代の波に飲み込まれたという側面もあったろうと思う。

92年の卑弥呼嬢の作品が「ビックマン」や「裸の王様」と云うダイヤモンド映像の関連会社から出されているのも本体の名前じゃ取引に応じてくれなかったからだ。92年の暮れには日比野正明氏や卑弥呼嬢がギャラの未払い債権を巡り村西氏と揉めていると云う報道が出たのもこの頃である。

資金繰りに困れば経営上のモラル崩壊がおこり労働債権どころじゃなくなるのは世の常だ、メディアの噂では卑弥呼嬢の債権額は3000万円だったそうな、キビシー、男気(と言う事にしておこう)を出した日比野氏が卑弥呼嬢に肩入れしたと言う事も噂に出たぞ。

後に卑弥呼嬢と日比野氏が共同で事務所を起こし、卑弥呼が現場に復帰すると言う事になったが、時代は卑弥呼嬢に高額のギャラを払える状況ではなかった、貧すれば鈍すると言う事だろうか、時代が。

★やってなさそでそんなんじゃない娘

1990年8月11日にダイヤモンド映像からリリースされた卑弥呼にとって2本目のAVだそうだ。リッチだった頃のダイヤモンド映像が専属女優を引き連れてオーストラリアに遠征?した際に撮影された作品だ。余談だが、「あい・らぶ・愛」なる村西とおる氏プロデュースの写真集も撮影されている。

ちなみに、AVも写真集もカメラマンは日比野氏だったという話もある。てな事を踏まえて写真や映像をご覧になると面白いかも。

同作品のホテル内でのカラミはなかなかのものである。狭い通路での引きのシーンで撮られる映像は秀逸であろう、村西氏の演出の所為かカメラマンの腕かは分からないが、遠目でも分かる卑弥呼のエロさは絶品である。

カメラに向かって「焼き餅をやいて貰いなさい」と云う台詞は村西氏ならではのアドリブで、それなりの映像作家としての才能を感じさせる一コマだろうと思う。

初期の頃の卑弥呼の艶技はお下手だったそうで、それを踏まえて「オフ気味のアングルと照明でオブジェ風のカラミ」を演出したのだろう。やはり村西演出の勝利だろうか、褒めすぎてゴメンネ・ゴメンネ。



himiko03
himiko04


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる