FC2ブログ

身を立て励んじゃ駄目、勃ちあがるな日本か

yoko01東京都にお住まいの主婦でもある村田蓮舫さんが「二番煎じじゃだめなんですか」と咆えてらっしゃったようだが、決勝どころかベスト16にすらなれない様子なのが今の日本のようである。「二番で良いのよ、無理せずに生きてちょうだい」と云う優しいお気持ちなんだろうが、昔の御上さんは火打ちを鳴らしながら「おきばりやっしゃ」と亭主を励ましたもんだが、どちらが偉かったのかは歴史が証明するだろう。

★特定地域の一番店

公選法すれすれのタイトルで桜田門がお出ましになるかも(別件だろうが?笑い)、てな訳で恐縮です。

その地域で一番になればリスクをとっても一番の勝利を得ることが出来ると云う「ランチェスターの法則」をご存じだろうと思う。そういう市場原理主義が今日の不公平を招いていると云う批判もあるようだ。

国家を越えて商売する現在の企業にとって世界シェアをとるというのは大きな利益を生み出す源泉であり、少なくても地政学的な意味での地域において一番になることは重要である。

日本を取り巻く環境は激烈で、サムスンの例を引くまでもなくアジア地域でのシェア争いのライバルは中国はじめ韓国やインド、ロシアまでも市場争いに参加しだしている。

「二番じゃ駄目なんですか」程度のモチベーションじゃベスト16もままならないだろうと思う。「それでも良いのだ」と云う言い方には別の意図があることに留意する必要がある。

yoko01
yoko02


★トレビの泉

「灰色のブルジョア社会を朱に染めてやる」とトレビの泉に赤い染料を投棄した輩がいたそうな、これも一種の歴史問題なのだろうか(笑い)。

写真でしか見たことはないが、件の泉は階段形状で上から落ちた水が一番広い池に溜まる仕組みになっているようだ。さしずめ上段はブルジョアで最下段の広い池は派遣も含めた労働者なのかな。

その池が朱に染まるとは如何にも共産主義者が好みそうな状況である。そう言えば2010年参院選の公約で「派遣の味方は我が党だけです」とやっているのは日本共産党だけのようだ。

他の党は「労働者派遣法改正案」の例外無き完全実施には慎重意見で、「企業と労働者の双方のリスクを見極めて」から検討するとの事である。

選挙になると何処かの共産党シンパが掲示板サイトや有名ブログなので活躍するようである(苦笑い)。「派遣は市場原理主義の犠牲者だ」との書き込みがあれば彼等の手によるものだ、てな事を云うと此処にも来るかな?、無名ブログなので来ないだろう(笑い)。

★ジュリーがライバル

猪瀬直樹氏が云う「経営環境がグローバル化し、フラットになった国際経済の流れにより中国などの安い賃金に引っ張られる形で、トレビの泉の如くに日本の単純労働の賃金が低いところで平準化した。」という主張はある意味正しい。

だからこそ、政治による市場経済の是正および規制が必要だというアンチ自由主義の立場も理解できないこともない。

だが、ライバルも同じ基盤に立ってくれないことには話にもならないのがグローバル経済の恐ろしさなのだ。為替レートひとつとっても中国の安すぎる人民元の是正もG20の場では完全解決できなかった。

その中国の労働市場も少子化のあおりで労働人口が減少し、権利意識の高まりで低コストの労働賃金も高止まりする勢いである、やがて日本の派遣にも影響するだろうと思うがどうだろうか。何れにしろ市場の規制も一国主義だけではままならないようである。

ベトナムは勿論のこと、ミャンマーやバングラデッシュにも工場の移転をしようという動きが始まっている。勿論のことにより安い労働コストを求めてである。日本の労働者のライバルはそこいら中にいるようである。

1979年12月の石野真子さん、絶対的に可愛いのは認めるだろう



mako03
mako04


文中の写真や映像とテーマと何の関係があるんじゃいと云うご指摘もあろうが、その可愛ゆい姿に癒やされたいと言う意図をおくみいただければ幸いである。

コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる