FC2ブログ

読売巨人軍はアンチも含めて永久に不滅かな

不滅ってのは「永久になくならないこと」なので、永久という言葉を二重に使って強調したと云うことだろうと思う。国語として正しいかどうかは疑問だが、あの長嶋茂雄さんが云うのだから問題はないだろう。何しろ大切なのは信念を貫き通す事で、「思い」と信念とは明らかに違うと云うことは中〇学生でも理解できる。
★良い子悪い子普通の子

「欽ちゃんのドンとやってみよう!」、1975年?1980年毎週土曜のゴールデンタイムに放送。その番組中に「良い子悪い子普通の子」と云うコーナーがあった。

さしずめ福島瑞穂さんは悪い子なんだろうが、何か知らんが応援したくなる。そのキーワードは信念を貫くと云うところにあるだろうと思う。

それに比べて鳩小山由紀夫(この際は呼び捨て、変名)は「あくどい子」だろうと思う。あの変節漢ぶりは度を超していてオカルティックとも云えるものだ。全日本宇宙真理教教祖と云うに相応しい。

全てのマスコミが無能呼ばわりするのも無理はないだろうと思う。

★瑞穂ちゃん曰く筋を通さぬと社民はおかしくなる

とっくの昔に「おかしくなっている」とは思うが、社会主義者には社会主義者としての「一分(いちぶん)」があるのだろうと思う。絶滅危惧種としての最後の意地を貫くのがご先祖様に対する申し訳なんだろうと思う。

変節漢鳩山とどちらが教育上において宜しいのかは自明の理である。ユダヤ商人のシャイロックよろしく金のために教育者としての最後の一線を越えてしまった北教祖より瑞穂ちゃんの方が遙かにましである。

中年のオッサンの戯言だが、世の中には善し悪しでは計れない事柄が沢山ある。だからこそ多くの無党派の方々は危惧を抱きつつ「民主党に投票」したのだろうと思う。

悪い意味でそんな期待を裏切らなかった民主党は屁のような存在である。

変節漢一人引きずり下ろせない政党人は悪い子の典型であり、ならば悪いなりに民主党員は今こそ投票してくれた有権者のためにも筋を通すべきである。

★何故に総辞職しなかったのか

「一死をもって大罪を謝し奉る」

切腹しろとまでは云わない(笑い)、謝る気があるのなら何故に総辞職しないのか。福島瑞穂さん一人に責任を押しつける態度は男の腐った根性そのものだ。

総辞職すればマスゴミの紙面に一号見出しが躍ること間違いなしだ。結局は知事や市長の職を軽く見ている云う政治的卑怯さを見透かされていると云うことだろう。宮崎県の口蹄疫での態度も同じである。

辞職をすれば、無責任の誹りを受けるだろうが、同じ政治家として沖縄県知事や市長の心を些かなりとも動かすだろうとは思う。

男は言葉ではなく行動で思いを示すべきだ。

コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる