FC2ブログ

神宮ひかる、懐かしのボッキーシリーズ

ぼcky031987年にアリスJapan(ジャパン)からリリースされたのが「ボッキーシリーズだ」。1987年から89年年まで全30本がリリースされたようで、80年代にアダルトビデオの洗礼を受けた当時の若者、今はオッサンには「お世話になりました」の懐かしき思い出だろうと思う。敢えて云う必要もないだろうがボッキーと云うのは「勃起」を捩ったネーミングだろうと思う。

★アリスJapan

1984年創業のジャパンホームビデオ株式会社のアダルトビデオ専門のレーベルで1986年に設立されたようだ。1984年創業と云うのはビデオの創成期で、アリスJapan設立以前にもAVを出していたがアダルトビデオの隆盛をみて独立させたようだ。

創成期のジャパンホームビデオが如何なるものかは良くは知らないが、中古で散見されるモノはSMものなどのマニア好みの作品が多いみたいだ。当時はアダルト系の写真モデル(いわゆるビニ本とか)とかピンク映画の女優さんを出演させていたようだ。

知る限りで最も古いアダルトビデオメーカーは「日本ビデオ映像」と「宇宙企画」、VIPエンタープライズで、何と1981年に作品を出している。日本ビデオ映像が出した愛染恭子主演で代々木忠監督の「淫欲のうずき」は同年のリリースだった。代々木忠は古参中の古参というわけだ。

因みに日本ビデオ映像は1985年に倒産している。アリスJapanだがウィキによると1986年1986年発売の舵川まり子「セクシー・バイオレンス 涙の復讐」が最初の作品となるそうだ。大変お世話になった「フラッシュバックシリーズ」も同社の作品だという。

bocky01


bocky02


★ボッキーシリーズ

最初に述べたように全30作品を1987年から89年のアダルトビデオ黄金期にリリースしている。ボッキー1は「もっとパコパコ」というタイトルが付けられ中沢慶子と徳大寺笙子、佐野友美がカラミを披露している。

興味はないだろうが(苦笑い)監督は綾小路白翁と云う方だそうな。オムニバス形式の作品だがオリジナルの撮り下ろし作品を収蔵していたようだ。女優に合わせて作品を作りこむ手腕はなかなかなものだと思う。

表題の神田ひかるだが、相当にマニアックな女優さんでボッキーシリーズには5作品に出演している。「ボッキ?8・はじめてヒメリン!・87年制作」と「ボッキー9・88制作・ひねってプルプル」、「ボッキー10・88年制作・くるんでウニュウニュ」、「ボッキ?12・つついてムクンポ・88年制作」、「ボッキ?13・こんなにピンコ!・88年制作」だ。

驚いたのだがWeb I-dicにプロフィールが載っている、身長 159cm、バスト 80cm、 ウエスト 60cm、 ヒップ 85cmと言う事だ。映像を見れば判るがスリムと云うより筋肉質の引き締まった美乳系(貧乳?)のAV女優だ。

上記以外のプロフィールの詳細は不明だが、少なくともデビューは1987年頃だろと推察する。単体女優という事ではなかったらしくボッキーシリーズ以外の作品は知らない。出来るだけ珍しく巷に流布されていない女優さんをご紹介しようと思ったのだがマニアック過ぎただろうか?。ファンの方がいたらご免なさい。しっとりした雰囲気を持ったいて演技力のある良いAV女優さんだと思う。



bocky03


bocky04


コメントの投稿

非公開コメント

柏木よしみ=神田ひかる

「神田ひかる」名より、「柏木よしみ」名の方が作品は多いでしょう。
深夜TVにもちょこちょこ出てましたよ。
たしか、村西時代のクリスタル映像で広報をやっていたと記憶しています。

綾小路白翁

「綾小路白翁」はAV監督名ですが、ロマンポルノやピンク映画では「久保新二」名でポルノ男優として活躍しました。

Re: 神田ひかる、綾小路白翁

SS様、貴重な情報有り難う御座います、大変に参考になりました。
今後とも御指導のほどよろしくお願いします。

綾小路白翁≠久保新二

大変な大間違いをしていました。
申し訳ありません。

綾小路白翁センセの俳優名は野上正義サンでした。
野上正義サンの訃報で気付きました。

久保新二サンはご存命です。
http://ameblo.jp/kubo-shinji/
18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる