FC2ブログ

ラブホしてますか、嫌よ嫌で亥の刻すぎる

ho01解題するのも色気がない事だとは思うがwww・・・若い方のために記してみたりしましょうか。亥の刻は午後9時から11時までの2時間を指す。「嫌よ嫌で」は「嫌よ嫌よも好きのうち」と云う男女の色恋の機微を語った慣用句であるが、それを崩して使ってみたりしたのである!。ラブホは残念ながら用いたことがないので不明である♪(゚▽^*)ノ⌒☆ 。

★女は何時でも演技派の女優

五反田なるところのラブホに挿入して、全く闖入(ちんにゅう)されなかったと主張した女子アナがいたが、説明責任を尽くしていないと云われても抗弁のしようがない。

聞くところによるとラブホというのはその諸装置において来場せし男女をして劣情を催さずにはおかない仕掛けが満載なのだという。仮に上の説明が真実であるならばラブホの経営者および建設者の完全なる敗北である。

件の芸能人は演技においては専門外なので、マスコミの前での演技は拙劣だったのかもしれない。番組等で拝見する限りでは閨の演技力は相当の力量だと想像する、トコワザウマー(´ー,`)よだれ。

ho01
ho02


★男はただ黙って腰をうごかすのみ

せつめい・説明で?もう一つ付録を付けて説明責任ときたもんだ。色気のない話で恐縮だが、日本においては1960年代のいわゆる安保闘争を契機に左側からの要請による双方向のマスコミュニケーションが花開いたそうだ。

その説明責任と云う言葉は日本の60年安保と時を同じくしてアメリカで発明された、日本のマスコミで氾濫し出したのは90年代の半ばくらいで大衆紙などでも使われたと記憶している。

今日のウェブの隆盛を予感したマスコミがそれに対抗すべく、取材対象者にも情報発信スピードを求めるようになった結果が双方向→リアルタイムへの退化となったのだ。言い換えれば「マスコミによる取材対象者への責任転嫁」それが説明責任の正体なのだ。

「ただ黙って腰をうごかすのみ」と云う男の美学は遠い過去のものとなってしまった。話は逸れるが下の動画において、男の方の行為責任がいささか中途半端なようである。手抜きだ、他動的自慰行為だと非難されても仕方がないかな?orz Orz Crz OTL ○| ̄|_



ho03
ho04


コメントの投稿

非公開コメント

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる