FC2ブログ

秋吉久美子の「ひとひらの雪」と渡辺淳一

「ひとひらの雪」って何それ、中年向け(主としてオジ様族?)の「フェアリーテイル(メルヘン)」だー!。おとぎ話だから「ありえへーん」な筋書きなんですねー。難しく云うと「ひとひらの雪にも万物の真理」が表れる、ってな事かな。さらに云うと「掌にうけた精液(スペルマ)」にも人の世の真実が隠されている・・・ホンマカイナー。

続きを読む

黒木瞳、アンアン的な生き方を選んだ女優魂

「渡辺淳一文学館」の流れで、渡辺淳一原作の映画にご出演だー!の女優さんで一席。今週は「黒木瞳」さんでよろしくー。なお「松坂慶子、池上季実子、小島可奈子、五十嵐淳子(順序不同)」さん等は「作成済み」なのでよろしくー。

続きを読む

木村多江、幸薄女とか言うなー!

最近は「魔性の女」とかのキャラクターで勝負するとかしないとか(後述)。ナンにしろ「四十路半ば過ぎの知的なイメージ」はオジ様族(及び、ご隠居様世代)には大人気だそうな。地銀の女行員風のお顔立ちなれど世界一「紬の浴衣」が似合いそう(受け売りだー!)。

続きを読む

鈴木杏樹、ライラックの上品な芳香が

テレ朝の「秘境路線バス番組でお見かけして」番組内容に似つかわしくない(微笑)「相変わらずお綺麗でお上品な感じ」がグーだベサー!、と思いました(小●学生の感想文かー!、笑い)。ってなわけで今週は「鈴木杏樹」さんでよろしくー。

続きを読む

師走なので「忖度」しました

決して手抜きじゃないですよー!(笑笑。)。「千代田区紀尾井町」あたりに忖度かな、場所はどこだか解らないけど(何ソレ。)。

続きを読む

若尾文子さま、昭和30年代って括りで喋ってみた

昭和30年代と云うのは西暦で云うと、1955年~1964年頃の話ですネー。若尾文子様がデビューしたのは十●代の頃の1952年頃だ、「久我美子様の代役として、『死の街を脱れて』と云う映画」に抜擢されたからだ。芸能界入りは前年の1951年で「大映と云う映画会社の第5期ニューフェイス」としてらしいですよ。昭和30年代には「大映の看板女優」と云われていたのだ。

続きを読む

石田ゆり子、奇跡のアラフィフって云うじゃなーい(ウン?)

今はアラフィフでも昔は「ティーンエイジャー」って呼ばれてたのよ(当たり前だー!)。前記事でご紹介した「絶頂期の水着姿がハンパなかった!昭和のアイドルランキング」にて8位にランクインしていた。ってなわけで「水着のお姿」を中心に進めてまいります。

続きを読む

横山めぐみ、北の国から真珠夫人

何となく意味の通じるような(ないような)タイトルで御免なさい。オジサン的には「北の国」で「可愛いー」と思って(キュンとして)、「真珠夫人」は昼メロで視聴できなかった(嘘つけー、録画しただろー 笑かな。今や「演技派のバイプレーヤー」としての地位を確立したようだ、素人の感想ですが。

続きを読む

松坂慶子様ですネー。パート・ツー

PartTwo(綴りあってる?)かな。何たって「松坂慶子」様である、どこぞの若い衆がネットで「デ●ブいー(自主規制 笑)」と評していたそうだ。「ふくやか(膨やか)」ってな大和言葉を忘れたのか(知らないのかな?・・・お前ごときが云うなー、申し訳ない)。

続きを読む

竹下景子、マルチな才能を発揮した名女優

その昔に「三択の女王」とか云う二つ名(愛称)で呼ばれていたようだ。その女王様も還暦をウン歳ほど超えておられるようですよー!。ザックリ云って「1970年代にデビュー」した女優さんと云うかマルチなタレントさん、と云うところだろうか。例によって、付録で「道央圏の室蘭市と道東圏の釧路市」の坂道のご紹介である。その位置は紙数(ウン?)の関係で省略していますので適宜に検索くだされば幸いです。

続きを読む

18歳未満閲覧禁止
当ブログのコンテンツは、満18歳以上のユーザのみを対象とし、満18歳未満のユーザの閲覧は禁じられるものとします。
with Ajax Amazon
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

bigboy98

Author:bigboy98
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる